スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マッシュルームについて勉強して来ました!(その2)

下の記事『マッシュルームを勉強して来ました!(その1)』から続きを。

マッシュルームについての説明を伺った後は
いよいよ実際に、マッシュルーム栽培プラント見学です!

※こちらは普段は業者さん以外、公開していない場所だそうです。
 今回は特別に見せて頂きました!

頭には髪が出ないように白いキャップをかぶり、プラントの入り口で再び靴裏を消毒して入りました。

Untitled

まずは、マッシュルームの赤ちゃんである “ピン” が出来たくらいの初期段階の部屋から。

入ると数段有る長い棚が部屋の奥の方にまでのびていて
その棚ごとににマッシュルームの培地が載っています。

ワキュウトレーディングの社長さんが、培地である寝藁を手に取って見せて下さいました。

Untitled

発酵を重ねても、藁の面影がしっかりありますね!

白い物がマッシュルームの菌糸。(・・)

下の写真中央付近の白くて小さな丸い突起がマッシュルームの赤ちゃん、「ピン」です!                    ↓
Untitled

白くて綺麗ですね♪

ちょっと乳首みたい?!(・・

室温は17℃後半くらい、湿度は88%ほどなのだそうで、思ったよりひんやりとしていました。

室内の二酸化炭素CO2濃度は大体1600ppmくらい。

培地が呼吸しているため、どんどん二酸化炭素濃度が上がってしまうため、時々換気が必要なのだそうです。
なるほどですね・・。(・・)
培地も生きている証拠ですね!

発酵させた藁の上に敷いてあるピートモスは、ドイツで掘った物を使用ているそうで
pH調整された物だそうです。

農薬などは使わなくても、深い所から掘り出した物なので虫などは出ないそうです。

ただ、たまに小さな植物の種が混入している事があり、それがこのように芽を出す事も有るのだとか。

Untitled

これもある意味安心の証拠ですね♪

この部屋から次の3〜4日程経った状態の部屋へ移動すると

先ほどの「ピン」が、だいぶ「マッシュルーム」らしい姿になっていました♪

Untitled

かわいい・・。(笑)

ちょっと拡大するとこんな感じ。

Untitled

小さな雪だるまみたいですね!(笑

マッシュルームはピンが出来始めてから、一週間位で収穫できるようになるそうで
こちらの部屋の物は、まだもう少し大きくなるのを待つ感じですね。

このようにまだまだ可愛いマッシュルームですが

この辺りから特別に大きく育つギガマッシュ:(呼称ギガ)』

になれるものか、判別が出来るようになるのだそうです!

足が独立していて、周りにピンがあまりなく
初期段階から割と大きい子が、ギガの素質が有るのだとか!?

(周りにピンが多いと、特別に大きくなるための栄養を十分取れないらしいです。)

大物になる素質や条件って、やはり初期から有るんですね!(・・;

ギガ候補になったら周りのマッシュルームを間引いて、大切に育てられるギガマッシュ。

途中で成長が止まるかもしれないので、生産者が特に気をつけて育ててらっしゃるそうです。

愛情と栄養一杯に育てられているんですね♪(^^*


そして、次の部屋はここからもう3〜4日たった部屋。

白くてまるっと可愛いマッシュルームがぎっしり!!

Untitled

こんなに大きくなるんですね!
ここでは出荷のための摘み取り作業が行われていました。

収穫は人の手で行われているのですが

一回しか手で触らないようにして、特殊なハサミを使って足を切るのだそうです。

Untitled

Untitled

1つ1つ手作業で、これは結構大変そう!
お話では、やはりこの作業に一番人手が要るのだとか。



みなさん、手際よく足をカットされてますね!
やはりこれくらいの早さが要求されるのでしょうね・・。(・・)

ここでパックにそのまま入れる物は、そのまま出荷するそうです。

Untitled

バラ用に穫るものも有るのだとか。

収穫風景を見学していたら

「皆さんもどうぞ、ご自身で収穫して食べてみて下さい。」

とのお言葉を頂いたので

収穫し、その場で生マッシュルームを食べてみました!!

どれが良いのか・・と迷っていたら
恐れ多くも
芳源ファームの社長さんである、菅佐原さんが穫って下さいました!

菅佐原社長さんの手。。 がっしりされてますね。
             ↓
Untitled

足がついた状態の穫りたてマッシュ!!

Untitled

感動!!!
真っ白で丸くて、とても綺麗!!(*・・*)

マッシュルームを生で食すのは、実は初めて。

どんな味がするのでしょう・・。

収穫している方に足をハサミで切って頂いて、かじる準備ができました!

Untitled

思い切って、ガブッ!!!

Untitled

と、してみたら。。

かじっても白いです!そして、柔らかい!

噛むとほんのり甘さがある感じで、とても食べやすいです!
 
これには驚きました!!!

『生臭かったりするのかな・・。』

と、実は恐る恐るでしたが

生臭さは殆ど無く、さっぱり&しっとりとした癖の無い味。

この見学の後、昼食で生のままのマッシュルームを再び頂きましたが

無農薬なので、安心して生で楽しめました!!!

もちろん、数日経ってもその後にお腹を壊す事も全くなかったです♪

これはある意味感動の体験でした!

こうしてマッシュルームをモグモグしていたら・・

「ギガを収穫しますよ〜!」との声が!!

先ほどもちょっと触れた、特に大きく育ったマッシュであるギガマッシュ

収穫前の状態を見たくて、急いで声のした方へ向かいました。

見つけました!!! 

周りより数十倍も大きなマッシュルームギガマッシュ

まさにスーパーキノコ、スーパー巨大マッシュルーム「ギガマッシュ」 Gigazine

Untitled

本当に冗談抜きで、大きいです・・。(汗

同行していたブロガーさんのお一人が収穫!

Untitled

お顔と並べても、そのギガの大きさが分かるかと思います。(・・;

Untitled

傘の裏側は茶色くなっていますが

これは旨味が強くなっている証拠なのだそうです♪

マッシュルームって、こんなに大きくなるんですね!!
これも初めて知りました!!!

本当に初体験ばかり。。(笑)

Untitled

普通のマッシュルームが小さく見えちゃいます・・。

皆でギガマッシュの撮影を思う存分したあとは

マッシュルームのパッケージング、出荷前の保管庫などを見せて頂いた後
昼食(マッシュルーム料理の試食)を頂く会場へと向かいました。


その様子はまた(その3)にアップしようと思います♪


関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。