スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念願の白州蒸溜所へ行って来ました♪(その3)

サントリーの白州蒸溜所イベントもいよいよ終盤。
ウイスキーの試飲(テイスティング)へと移りました。(^^

製造工程見学が終わって、再びセミナー会場へ戻ると、テーブル上には奇麗にテイスティングの準備がされていました。

IMG_4231

いつ見てもテイスティンググラスとウイスキー奇麗ですよね♪(^^*

ウイスキーのイベントでは、他の企業さんもやはり奇麗にテイスティング用に準備して下さるのですが

サントリーさんが他と違う所は、イベントごとにしっかりとした資料が毎回準備されている事なんです!

今回のイベントも例に漏れず、しっかりとした資料が全員に配られていました。

IMG_4245

時間が決まっており忙しいイベント、ちょっと聞き漏らしたり、聞き間違いをしてしまっても不安な所はこれらの資料のお陰で、後からキッチリ確認することが出来るんです!

これはスタッフの方の努力と、参加者への細やかなご配慮の賜物ですね!(・・
私のような全くの素人でも、安心して勉強させて頂けるのはこの違いがとても大きいです。

そんな事を考えて写真を撮っていたら、いよいよ試飲開始になりました。


これからウイスキーの試飲をするのに、なぜか水が2種類用意されていました。
仕込み水と同じ水源の「サントリー天然水(南アルプス)」と、フランス産のミネラルウォーター「ヴィッテル」とのこと。

IMG_4243

まずはこの2つの水を飲み比べました。

水なので普通にゴクリと飲んでしまうと、ちょっと違いがわかりにくいのですが
2つ違いを気にして、舌でじっくり味わいを確かめてみると。

ヴィッテルはちょっと硬い感じで、舌がギュッと擦れるような感じが残るのですが

南アルプスの水は口に入れた瞬間の感じがとても滑らかで、舌に優しい感じ!

ちょっと意識して飲み比べると明らかに違います!!


水の違いを確認した後は
「サントリーシングルモルトウイスキー白州」で森香るハイボールを作りました!

用意されたグラスに氷を一杯に入れます。

IMG_4248

そこへ隣に用意されていた「白州」を全て入れ

IMG_4249

マドラーでくるくると回して冷やすと氷が減ります。

IMG_4252

減った分の氷をまた足し入れ、サントリーのプレミアムソーダを氷に触れないよう静かに注ぎ入れます。

IMG_4257

氷にソーダが触れてしまうと、折角の炭酸が飛んでしまうんですよね。

IMG_4258

この炭酸の量は白州グラスの“白”の字の上部くらいまでが好いとのことでした。

炭酸が逃げない様に、マドラーで1回だけ上下に混ぜ

ミントを手の平でパチン!と叩いて香りを出し

IMG_4262

グラスにいれて出来上がり♪

IMG_4263

IMG_4266

個人的には久しぶりの「森香るハイボール」、この季節にはとても似合いますね♪(^^*

今回、ウイスキーとのマリアージュのためにフード(ショコラなど)が用意されており

IMG_4240

この「森香るハイボール」にはこちら↓のフードを合わせて頂きました♬

IMG_4270

さっぱりとした森香るハーボールに合いますね♪(^^

次は「白州」、2012年にISCで金賞を受賞した「白州12年」、過去何度も金賞を受賞した「白州18年」を、トワイスアップで試飲しました。

IMG_4238

※ トワイスアップ・・・ウイスキー:水=1:1
 (ブレンダーの皆さんもこの方法でテイスティングをしているのだそうです)

パッと見た目の色合いも違いますし、味も香りもそれぞれに違います!
やはりウイスキーの味と香りは本当に奥深いですよね。(・・)

そして、今度は「白州12年の水割り」を頂きました!

IMG_4290

白州の仕込み水と同じ「サントリー天然水」で割り、氷も同じ水から作ったそうで
「白州12年」が持つ味わいを充分に楽しめました。(^^

そしてこの後はショコラとウイスキー(白州12年、白州18年)のマリアージュを楽しみました♪

IMG_4239

「白州12年」×ベルアメール『マンディアン抹茶』

IMG_4292

「白州12年」と抹茶の味がとても良く合うんです!!これはまさに絶妙!!!(・・)

このショコラにはナッツ類やゴマ、オレンジピールも載っていて

それぞれを食べるたびに違う感じのマリアージュが楽しめました!
なんとも贅沢なマリアージュです!

個人的にはこのショコラとのマリアージュがとても気に入りました!!

「白州18年」×ベアメールの『パレ・ショコラ キャラメルクッキーミルク』

IMG_4293

こちらはコクのある「白州18年」と合わせると
ウイスキーとショコラの濃厚な味が解け合って、どちらか一方が主張しすぎる事なく
それぞれの特徴を上手く引き立てあうんですね♪(^^

「白州12年」「白州18年」共に、こんなに合うベストのマリアージュをよく発見できるものだと改めて感心しました!!
やはりウイスキーの特徴を充分理解しているからこそできるんでしょうね。^^

ちなみに。。
サントリーさんの速報記事では、「白州12年」、「白州18年」それぞれのウイスキーに合うフードを幾つかご紹介して下さっているので、そちらを参考にしてマリアージュしてみると好いかも知れません♪

◯ 【速報】 白州蒸溜所「『THE HAKUSHU』~南アルプスの豊かな森と水に育まれたウイスキー~」イベント開催中 

IMG_4268


そして、この後なんと!!

世界的な酒類コンペティション「インターナショナル・スピリッツ・チャレンジ2012」で、ウイスキー部門の最高賞の「トロフィー」を受賞したウイスキー「白州25年」を試飲させて頂いたんです!!!

IMG_4303

IMG_4302

◯ 「山崎18年」「白州25年」が、ウイスキー部門でISC創設以来初のカテゴリー最高賞「トロフィー」ダブル受賞

●サントリーシングルモルトウイスキー「白州25年」
25年以上の長期熟成させた希少なモルト原酒の中から、クリーミーでありながら力強い原酒、ピートをしっかり焚き込んだスモーキー原酒、濃厚な果実香のシェリー樽原酒を厳選し、後熟に時間をかけた芳醇な味わいが特長です。 
 (700ml 100,000円※)
※希望小売価格(税別)。価格は販売店様の自主的な価格設定を拘束するものではありません。

そう言う事です!!(もう説明はいりませんね。。(^^*;)

このイベントに来る前から、「白州25年」の価値を既に熟知しているウイスキー好きなブロガーさん達がこの場に集っていたのですから。
「白州25年」がテイスティンググラスでふるまわれた途端、参加者全員から拍手と歓声が上がったのも無理はありません。(笑)

本当に貴重で素敵な体験をさせて頂く事が出来ました!!
ウイスキーラバーズアワードで頂いた「山崎1984」以来の感動です!

◯  WHISKY LOVERS AWARD 2010  

時間がなくても、この「白州25年」を飲み干したのはここだけの秘密。(笑)

※ 通常の蒸溜所セミナーでは、「白州25年」の試飲はありません。
※ 「ウイスキーラバーズアワード」は現在「ウイスキーヒルズアワード」と名称を
  変更して開催されています。


この後は懇親会までの間にショップでお土産などをみて時間を過ごしました。
懇親会の様子はまた次の記事にしたいと思います。(^^





関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。