スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー「本格カクテル」セミナー ~基本から最新スタイルまで~ (基本編)

以前にもサントリーさんのセミナーで、カクテルの勉強をさせて頂いたのですが

◯ サントリーおうちカクテルワークショップ。。その1

その時詳しく色々教えて頂いたのに、基礎的な知識や作り方がなかなか身に付かなかったカクテル作り。

そのカクテルのセミナーがまた有ると知って、再度勉強し直そうと参加させて頂いて来ました!

今回の内容は

「プロ直伝!本格カクテルを体験しよう 〜基本から最新スタイルまで〜」

会場は
東京都港区赤坂9-7-2 東京ミッドタウン ミッドタウン・イースト1F
 「A971」
 
タイムスケジュールは以下の通り。

IMG_0088

テーブルには今回勉強する内容の資料と

IMG_0100

参加者1人ずつにセミナーで使用する道具一式が用意されていました!

IMG_0089

サントリーさんのセミナーは、こうした資料や道具がきちんと準備されていて、本当に行き届いているんですよねぇ。(・・)
これを見ただけでも内容に対する期待感が高まりました!!

今回は
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
講師は元バーテンダーで、現在はサントリーで飲食店のコンサルティングに携わる、カクテルの専門家。カクテルの基本の「キ」から、新しいスタイルの飲み方まで、幅広いカクテルの世界をご紹介します。
バースプーンなどを使った"カクテル作り体験"や、今までにない新しいスタイルのカクテルもお披露目しますよ♪

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

とのこと、基本から最新スタイルまでじっくり勉強です!

カクテルとは、数種の酒、果汁、薬味などを混ぜ合わせた飲料

IMG_0087

◯ カクテル入門 定義と語源

簡単にいえば、ある酒に別の酒をミックスしたり、ソーダやソフトドリンクなど何かを加えて、新たな味わいを創作したものである。
カクテル=酒+何か(Something)
つまり、何気なく飲んでいるウイスキーの水割やソーダ割(ハイボール)もカクテルになる。

と。。(・・

カクテルの種類には

◯ ショート・ドリンク(Short drink)
  シェークやステアをして、主にカクテルグラスに注いで出されるものが多い。
  カクテルグラスの中には氷が入っていないため、時間をかけないで、できるだけ冷た
  いうちに味わう。(時間を掛けずに楽しむ)

◯ ロング・ドリンク
   (Long drink:ロングにはコールドタイプとホットタイプが有る)

  タンブラーやロックグラス(オールド・ファッションドグラスともいう)に氷を入れ
  た状態で味わうコールド・タイプと、お湯割をはじめとしたホット・タイプのカクテ
  ルがある。こちらはショート・カクテルと比べて、ゆっくりと味わうタイプだが、そ
  れでもコールドは氷が溶けないうちに、ホットは冷めないうちに味わったほうがおい
  しい。 (ゆっくり楽しむ)

があるのだという事を勉強し。

「カクテルの作り方」も以下の通り、4つの方法が有り

IMG_0093

1. シェーク
2. ステア
3. ビルド
4. ブレンド

これらのうち、今回は「シェーク」「ビルド」をやってみました。

まず最初は、水と氷を使って「シェーク」の練習です!
以下の手順で、カクテルの材料を入れたつもりで練習を行いました。

<手順>
1. ベースのお酒を注ぐ
2. その他の材料を注ぐ
3. 氷を8分目まで入れる
4. ストレーナーを被せる
5. トップを被せる

シェーカーに氷を8分目まで入れ、そこへ水を入れてストレーナーとトップをはめ
シェーカーの持ち方に気を付けて、手首のスナップを効かせてシェークします!!

実際にシェーカーを振ってみると、持ち方もいまいち理解出来ていないし
これがなかなか難しい!!(´`*;)


この後は本物のメロンリキュールMIDORIアペロールを使って「ビルド」でカクテルを作りました!(自分はMIDORIを使って作ってみました♪)

IMG_0101


同席させて頂いたWADA-blogの和田さんが、自分が作っている様子を撮影してくださったので、順を追ってご紹介します。

1.まずグラスに8分目程氷を入れます。

IMG_0112


2.メジャーカップでMIDORIを30ml正確に計り(小さい方のメジャーですりきり
  一杯)、グラスに注ぎ入れます!

IMG_0114

 この写真↑でみると、私はメジャーカップからグラスに注ぎ入れる時、手の向きが違っ
 ていたようで、本当は手のひらを上に向けるように注ぎ入れるのが正しい注ぎ方のよう
 です。(^^;

 正しい注ぎ方は、メジャーカップのくびれ部分をグラスの縁に合わせて、中指を軽くグ
 ラスの縁に添えて、手のひらを上に向けるように注ぎ入れるんですね!!
 自分は人差し指をグラスに添えて、手の甲を上に向けたまま注ぎ入れたのでぎくしゃく
 してしまったようです・・。(汗


3. 次にジンジャーエールを静かに注ぎ入れます。

IMG_0116

  ここでセミナーのペースに付いてゆくのに必死で、間違えて水を入れそうになった
  自分。
  何事も落ち着いて行うのが大切ですね! f(^^; 

4. ジンジャーエールを注ぎ終えたら、ライムを絞り入れます。
  ※この時、ライムの汁が周りに飛ばないように手でライムを覆いながら搾ります。

5. 搾ったライムを液面下に沈めて、軽くバースプーンでステアします。
  ※搾ったライムやレモンは液面下に沈めた方が綺麗に見えるそうです。

IMG_0120
 
 バースプーンの持ち方は、中指と薬指の第一関節の位置で余り力を入れずに持つそうな
 のですが、自分はまた違っていますね・・。(´Д`)

 ※ スプーンは指で回そうとせず、丸いグラスの内側を添わせるようにして回すのだそう
  です!

 これでMIDORIジンジャーの出来上がりです♪

 隣の和田さんはもう1つの、アペロールジンジャー(写真右のオレンジ色のカクテル)
 を作ってらっしゃいました。

 各自作ったカクテルで乾杯して、美味しく頂きました♪

IMG_0122

この後は、今までにない新しいスタイルのカクテル「AIR MIX(エアミックス)」の体験へと、セミナーは進んでゆきました。

その内容は次の記事でご紹介しようと思います♪



関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。