スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoto Library が壊れて読み込めないデータを救出しました。。

「iPhotoライブラリを含むディスクの容量が一杯で、これ以上iphoneからの写真を読み込めませんよ」

的なエラーメッセージが出た、我が相棒のMacBook White

IMG_8585

twitterでアドバイスを頂いたように、外付けHDDにiPhotoライブラリを移動するなり、外付けHDDに新たなライブラリを作って、そこへこれからの写真は入れていくしかないかと考え。







そうするにしても、少しでもPCの空き容量を増やさねば!(現状は空き容量は4GB・・。)と、いらない写真を削除したり、使っていないソフトをアンインストールしたりしていた矢先。

また以前でたような、見たくないエラーメッセージ↓が突然表示され

IMG_8591

この時は余りのショックで凹み、やる気を失くして翌日にしようとPCを閉じた訳ですが。

翌朝PCを再度起動して、iPhotoを起動しようとクリックしたら
ライブラリの選択ウインドウが出て、使っていたライブラリは無事に読み込む事が出来ました!!

どうやら、いらない写真やソフトを削除していた時
知らぬ間にライブラリの切り替えをしてしまい、以前壊れたライブラリを起動しようとしていたために、あのようなエラーメッセージが出てしまったようです!!(・・;;

本当に、またか!!と・・ 肝を冷やしましたが。

最近まで使っていたライブラリは無事開く事ができました!

でも・・。ここで喜ぶのはまだ早く。

ライブラリを読み込めても、PCの容量不足を何とかしないと
今後写真を読み込めない訳で・・。(汗

やはりAppleサポートにこの場合、どうするのが一番好いのか
問い合わせてみることにしました!!
サポートの方に自分のPCの状態や出たエラーメッセージを話し。

どうしたら好いか相談したところ。

「以前出来てしまった、壊れて読み込めないiPhotoライブラリ2つがかなりの容量を占めているようですね・・(19GBと23GB)。それを削除出来ればかなり容量が空きますよね。」

「ではまず、その開けないライブラリ2つからオリジナルファイル(元の画像)だけを取り出して、とりあえずバックアップ用の外付けHDDに移動します。」

「PC自体の空き容量が少ない(空きは4GBだけ)ので、バックアップ用に使っている外付けHDDに新たなライブラリを作り、そこへ抜き出して来たオリジナルファイル2つを入れましょう。今後その写真を見たい時は外付けHDDにアクセスする形にします。今まで開けなかったのですから、好いですよね。」

「オリジナルファイル取り出し後に、PC本体に残っている壊れてしまってもう開けないライブラリ(オリジナルファイルを抜きだしたもの)を削除して、PCの空き容量を増やすのが1番いい方法ですね。」


「PCは4GBしか空きがないので、これらの操作は全て外付けHDD上で操作してゆきましょう。」

との事でした。

※ 自分は、現在壊れて開けないiphotoライブラリが2つ(Total40GB越え)と
  今使えているライブラリが1つあり。
  壊れたライブラリのうち、1つは外付けHDDにバックアップを取ってありました。


以降は有料サポートの範囲だそうで

クレジットカードの詳細などを伝えて、4800円後から引き落とされる形となりました。

今後また同じような事が有るといけないので

自分自身の覚え書きとして手順を記録しておきます!

<大まかな作業の流れ>

 まずは外付けHDD内に既にバックアップして有る、壊れて開けないiPhotoライブラリ
 からオリジナルファイルを抜き出し、外付けHDDの別の場所へ移動。

 その後、まだPC内に有りバックアップを取っていなかった壊れたライブラリから同
 じように、オリジナルファイルだけを抜き出して、外付けHDDへ移動する。

 その後、外付けHDDに新たなiPhotoライブラリを作って(2つを別のライブラリにし
 ても好いし統合してもいい)、抜き出した2つのオリジナルファイルをその中に読み
 込む。
 
 新たなライブラリとしてオリジナルファイルが読み込めるのを確認したら
 PCに残っている開けないライブラリ2つを削除。

 外付けHDD内に先程コピーしたオリジナルファイル2つも削除する。
(これで容量が空くし重複ファイルもかなり少なくなる)
 
 以前外付けHDD内にバックアップしてあった、開けないライブラリも削除する。

と言うもの。。

以下、写真入りで手順を記します。

1. 外付けHDDをPCに接続して、ダブルクリックで中身を開く
スクリーンショット 2012-08-04 22.45.24

2. バックアップを取ってある、壊れて開けない「iPhotoライブラリ」を選択し
  た状態で右クリック

3.「パッケージの内容を表示」を選択

スクリーンショット 2012-08-04 22.43.24

4.マスターズorオリジナルズ という名前のフォルダを選択

スクリーンショット 2012-08-04 22.43.57

5.これをデスクトップ上にアイコンとして出ている外付けHDD上へドラッグで移動します!

スクリーンショット 2012-08-04 22.45.06
(この時の注意)
※ 外付けHDDにファイルが重なる前にてを離してしまわない事!
  手を離してしまうとPCのデスクトップに何十GBもの写真が移行されて泣きます(汗

※ 途中で失敗しそうだったら、外付けHDDを開き、ウインドウの中の何も
  無い所で手を離せばOK!

6.手を離すと同時にオリジナル写真データのコピー(移動)が始まります。

7. コピーが終り、オリジナルズという名前のファイルが出来ているのを確認し。
  今度はPCに有る、開けないライブラリの中に有るオリジナルズという名前のファイ
  ルを同じように外付けHDDへ移動しますが
  
  その前に!

  この時外付けHDDには移動して来た“オリジナルズ”という名前のファイルが既に
  出来ているので
  
  PCから移動して来る、もう1つのオリジナルズと混ぜたくない場合は
  あらかじめ外付けHDDに、新しい名前のフォルダ(例:オリジナルズ2など)を作っ
  ておいた方が好いです。

スクリーンショット 2012-08-05 0.30.18
   
   自分は別の名前でフォルダを作る前にコピーを始めてしまったので
   2つのオリジナルズのファイルは統合されて1つになってしまいました。(´`*;

8.今度はPCに残っている、開けないライブラリ中に有るオリジナルズという
  名前のファイルを同じように外付けHDDへ移動します。
 
  デスクトップのドックにある顔マークの“ファインダー”を開き
   ↓
  ピクチャが入っている場所を選択します
   ↓
  ピクチャを選択!
   ↓
  もと画像を取り出すiPhoto Libraryを選択
   ↓
  右クリック
   ↓
  パッケージの内容を表示
スクリーンショット 2012-08-04 22.47.53
   ↓
  オリジナルズ、or マスターズ を選択
   ↓
  それをずるずるとドラッグして外付けHDDの上にへ移動します!
 
 ※ 完全に重なる前に手を離さない事
   不安だったら、外付けHDDの窓を開いておいた方が無難ですね・・。(^^;
   入れたい場所の指定が有る場合は(上で作ったオリジナルズ2など)
   そのフォルダの上で手を離した方が好いです!

9. 手を離すと同時にまたコピーが始まります!

IMG_8601

 私はトータル40GB(2つのオリジナルズファイルだけで)近くも有ったので、この
 コピーだけでも数十分もか かってしまいました・・。(´-`;)
  
 これで、開けなくなっていたiPhotoライブラリ2つから、それぞれオリジナルファ
 イルを外付けHDD内に取りし完了!

 これだけではまだiphotoでこのオリジナルファイルは見られないため。

10.次は閉じてあるiPhotoを開いて、新しいiPhotoライブラリを
  作成しそのライブラリの中にこのオリジナルファイルを取り込んで見られるようにす
  るのですが
  まず、“optionキー”を押したままiPhotoを起動させます!
 
  すると、次の写真↓のようなウインドウが開くので

スクリーンショット 2012-08-05 0.32.26

11.ここで、“新規作成”を選びます。

12.するとこの様なウインドウが出るので、ここで“名前”の所に自分が分りやすい新し
  いライブラリの名前を入力し

スクリーンショット 2012-08-05 0.34.17

13.次に ライブラリを作る“場所”を指定します!
 
※ 自分はPCの空き容量が少ないため、バックアップ用に使っていた外付けHDDに作る事
  にしました。

 スクリーンショット 2012-08-05 0.34.45

14.確認して良ければ保存します。

15.最後にこの新たに作ったライブラリに、救い出したオリジナル画像を読み込みます。

  新たに作ったライブラリを開いた状態で。

  画面一番上に有る“ファイル”をクリックし
 
  プルダウンメニューから“ライブラリに読み込む”を選択します!

スクリーンショット 2012-08-05 1.06.52

16.読み込みたいファイルを選ぶウインドウが開くので
  どのファイルから読み込むのか左側で選択し、その中の読み込みたいファイルを
  指定します!

スクリーンショット 2012-08-05 1.07.21

 そのファイルでいいのか確認し
 良ければ“読み込む”をクリックします。

 ファイルの読み込みが始まるので終わるまで待ちます。(数時間掛かりました)

 終わったら、ライブラリにコピーし終えたオリジナルズのファイルはもう要らないので
 削除します。

 開けなくなり壊れたライブラリも、一連の操作が終わったらゴミ箱へドラッグして削除
 しまいます。
 そうする事で容量が少しでも空く訳ですね。

※ ライブラリへの写真の読み込みはかなり時間がかかり、読み込みが終わった後、ライ
  ブラリを終了させようとする時にも各種処理でかなり時間が掛かるので、覚悟しての
  ぞんだ方が好いです。
  自分は40GB(22000枚以上の写真)も有ったので、数時間かかりました・・。(泣
  
  
以上で、壊れたiPhotoライブラリからオリジナル(おおもと)のデータを救い出し
新たなライブラリを作って、そこへ救い出したオリジナルデータを戻す。
という操作は完了です!

自分はPCの空き容量が少なかったため、外付けHDD上で全て操作を行いましたが
PCの容量に余裕が有る場合は、PCのいずれかの場所でこの操作を行えば済むんですね!

今後またiPhotoライブラリが壊れて、写真が見られなくなった場合は
今回のようなオリジナルズorマスターズのデータのみを取り出す事で
重複写真が出来る事無く(色々な変更や写真への加工は消えてしまいますが)
元の写真を救い出す事が可能なのだと分りました!!

今度またライブラリがおかしくなった時は、慌てず騒がず
この方法で元の写真を救出してゆこうと思います!

 
  
これは有料サポートの範疇の内容ですが、自分の忘備録として残します。

関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。