スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneのメールアカウント一覧に「〜@i.softbank.jp」のアカウントを表示させる方法

自分はiPhoneを使っているのですが。

暫く使っていたiPhone3GSのドック(充電するコネクター)の部分がおかしくなってから

新しく出たiPhone4Sに機種変更をしたんです。


その時から、以前メール一覧に追加していたiphoneのメールアカウントである

「〜@i.softbank.jp」がメールのアカウント一覧に追加出来ずに居ました。

いざ追加しようとすると
メールのIDやパスワード、サーバー名などを聞かれてしまい

それがよく分からなかったので、今までずっと追加出来ずに放置していたんです。(^^;

(しょうがないですね自分は・・。f(^^*;)

そんな状態の自分でしたが

やっと今日、SoftBankのサポートに電話してやり方を聞き
そのメールアカウントの追加ができたので。

その追加操作の方法を忘れないように書いておきます!!


【〜@i.softbank.jpのアカウント追加手順】

※ 以下は簡単メール設定での方法です。。

※ wi-fi下ではこの操作は出来ないそうなので、wi-fiはOFFにしておきます!

1. iPhoneホーム画面からSafariをタップして起動し、画面一番下のブックマーク
  (本のマーク)をタップします。

2. ブックマーク一覧が開いたら一番下まで画面をスクロールさせると
  「My Softbank」というリンクが有るのでそれをクリック! ↓

IMG_7362

3. 出て来たSoftbankの画面を少し下にスクロールさせ
   「ソフトバンクWi-Fiスポット」という青いところをタップ!↓

IMG_7363

4. 次に出た設定方法の画面の左上に有る扇形マーク(wi-fiマーク)をタップ!

IMG_7364

5. 小さい文字が書いてある一括設定の画面になるので、
画面なかほどに有る「↓同意(設定開始)の下に有るリンク(URLとある青い文字)」をタップ!

IMG_7366

6. プロファイルの画面が出るので、その右上にある「インストール」をタップ!

IMG_7367

7. ポップアップのメッセージが出ますが、それも「インストール」を選びます。

IMG_7368

8. ここでパスワードでiphoneをロックしてある人は、パスワードを聞いて来るので
   いつも入力しているロック解除のパスを入力します。

IMG_7369

9. 次のフルネームの入力画面では、空欄に自分で何か名前を入れます。
   これは後から変更も可能だそうなので、ペンネームの様なものでも可だそうです!

IMG_7370

10. 入力したら画面右上の「次へ」をタップします。

11. インストール完了の画面が出るので右上の「完了」をタップします。

IMG_7372

12. 最後に「設定が完了しました」の画面が出るのでこの画面になったら
   もう設定完了です♫
 
IMG_7373

ホーム画面に戻り、画面下の「メール」アイコンをタップすると
メールの一覧が出ると思いますが、もうそこに

「〜@i.softbank.jp」のメールアカウントが追加されています!!(・・)

これでiphone自体のメールのアカウントを、メール一覧からみる事が出来るようになった訳です!!

今の今までこのメールが眠っていた自分ですが。(^^;

これからはまた以前のように活用してゆこうと思います!!(汗


こちらのリンクもとても参考になりましたので。
貼っておきます。。

◯ メール設定 - iphone wiki
 

とっても初歩的な設定でつまづいてしまう自分ですが・・。
ここに書いておけば例え忘れてしまってもまた見られるし!!

忘備録 大事大事!!

バックアップからの復元方法も忘れないうちに、早く書いておかなくちゃ!!(汗
(下書きのまま途中で止まってるしなぁ・・。まだ覚えてるかしら!? 滝汗)


関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

#471 No title
とても困っていたので
助かりました!!
ありがとうございます。
#472 そうですか!よかったです!!
>yrさん。。
コメント頂き、どうも有り難うございました!
やはりお困りでしたか・・。(・・
色々細かな事でつまずく事有りますよね。
少しお役に立てたようで、嬉しいです!(^^
お互い頑張りましょうね!

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。