スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「余市マイウイスキーづくり」体験イベント 2日目 ②

ニッカ余市蒸溜所での「マイウイスキーづくり」体験イベント2日目

下の記事(
2日目①)の続きを

セミナー、樽造り(
樽の内部焼き)を終えた後
次はいよいよ10年間保存する樽に 本溜液 未貯蔵原酒 を入れる作業です。

IMG_5927

この原酒を見ると、まだ水のように無職透明な液体!(・・
ウイスキー独特のあの琥珀色は樽詰めしてからの物なのですね!

IMG_5935

この原酒を試飲もさせて頂きましたが、度数もかなり高く、風味はまだそれほど無い感じ。

原酒を樽詰めする前に、樽の鏡面に参加者全員でサインをしました。
皆さんとってもサインが素敵!! 自分のセンスの無さを改めて実感して凹んだり。

IMG_5939

サインが出来たら、樽を未貯蔵原酒が入っているタンクの下に置いて

IMG_5949

樽の脇穴に大きな上戸をセットし、そこから樽に一気に入れて行きました!

IMG_5954

無色透明の液体が、まるで水のように樽の中に入って行きます・・。(・・)
この様子もなかなかに見応えがありました!

前のセミナーの記事にも書きましたが。
この樽は450ℓの樽ですが、普通は満タンには入れないのだそうです。

やはり少し余裕をもたせておかないとダメなんですね。

暫く待つと原酒も入れ終わり、樽の脇の穴は塞がれました。

原酒の充填が終わった樽と一緒に、一人一人記念撮影をした後

普通だったらフォークリフトなど!?で貯蔵庫まで運ぶところを
今回は自分達の手で貯蔵庫まで転がして行きました。

この樽で約300kg前後と言う事で

転がすと結構な重量感が手に伝わって来ました。

IMG_5974

けれど皆で交代で転がしたので、そんな重さもなんのそのw
自分も転がしてみたのですが、勢い良く転がると重いだけに方向転換が結構大変。(^^;

余り調子に乗るとその微調整が難しいんですね。(笑)

目的の貯蔵庫まで来たら、今度はその入り口から中へ入れるちょっとの傾斜が大変!
殿方が皆さんで頑張って下さいました。。力の足しにならずにスミマセン。(^^;

IMG_5996

実際にこの作業をなさった方から後で

「これ、キツかったです!」というコメントも頂いたほどでかなり重そうでした。(汗

でも!無事に貯蔵庫の入り口はクリア!

IMG_6001

そしてこの後、貯蔵庫の奥の方まで転がすためのレールに乗せる作業が大変そうでしたが

IMG_6005

これも皆さんの力でスムーズにクリア!!レールに乗せて奥まで転がし

IMG_6017

無事に所定の場所まで到着&静置する事が出来ました!

IMG_6021

ここはマイウイスキーづくりの皆さん専用の貯蔵庫だそうで
今後10年間、この場所でじっくりとウイスキーを熟成させることになります!

自分達の樽が一体どんな味のウイスキーに熟成してゆくのか、今からとても楽しみです♪
10年経たなくても途中で見せて頂けるそうなので
いつかまた機会を見つけて見に行ってみたいと思います

IMG_6031

どちらにしても、この樽とは暫くお別れ。

この樽をしっかりと記憶に焼き付けたのち、貯蔵庫をあとにしました。

これをもって、2日間の体験イベント作業が全て終了した訳ですが。

このあとは着替えた後、セミナールームで1人1人修了証を頂きました!(^^*

IMG_6062

表には日付の他に、自分の名前と貯蔵庫にしまった樽番号が書いてあり。
裏にはニッカウヰスキー(株)10年目マイウイスキー担当の連絡先が書いてあるので

10年待つ間に名前が変わったり、住所が変わった際にはこのカードさえ有れば連絡に困る事は無いわけです!

IMG_6063

今回貯蔵したウイスキーと10年後に再会できるまで
免許証などと一緒に大切に保管してゆきたいと思います♪ (^^*

この終了証を頂いたあとは、皆で昼食のお弁当と

IMG_6089

ロゼのシードルワインを頂き

IMG_6084


その後時間が取れる方達は、余市市内探索に参加させて頂きました。

そちらの様子もまたご紹介したいので

それは次の記事にアップしよとうと思います♪




関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。