スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「余市マイウイスキーづくり」体験イベント 1日目 ①

いつもお世話になっているAMNさんのfanfansクラブの募集で
アサヒビール株式会社さん主催の
「余市マイウイスキーづくり」体験イベントの募集を見つけ

一か八かで応募してみたところ。
なんと当選のお知らせを頂きました!!

ウイスキーの蒸溜所は一度この目で見てみたいと思って、今までに何度かチャンスを頂いていたのに
なぜかなかなかそのチャンスを生かせず。

まだ行った事が無かった場所。

今回は初めての北海道、それも
余市蒸溜所!!

ドキドキしながら楽しみに行って来ました♪(^^*

IMG_5460

家から羽田までは遠いので
仕事の後、前日の夜から北海道の小樽へ入ったのですが

余市での1日目のイベントは午後からだったため
前夜と1日目の午前中は小樽市内を散策して楽しみました♪w

その記事はまた後日アップすることにして!

とにかくまずは
「余市マイウイスキーづくり」体験イベントです!!w

今回のイベント内容は以下の通り。。



【イベント概要】

■タイトル:「余市マイウイスキーづくり」体験イベント

■日時:2012年4月21日(土)14時開講~22日(日)12:40解散

■集合場所:余市蒸溜所 受付集合

■集合時間:13時受付開始

■会場:余市蒸溜所

■住所:北海道余市郡余市町黒川町 7-6

■地図(URL):http://bit.ly/mv40xJ

■タイムテーブル

【1日目】
13:00~ 余市蒸溜所 受付集合/着替え
14:00 工場長のご挨拶
    製造工程の講義
    モルトウイスキー製造工程見学
    蒸溜作業体験
    糖化釜清掃体験
16:40 1日目作業終了
17:00  着替え後、原酒テイスティング
18:15  夕食(工場内レストラン)


【2日目】 工場集合/着替え
9:00 2日目開講
   樽づくり体験
   樽詰め作業体験
   貯蔵庫へ搬入
10:30 着替え&自由行動&修了式
11:50 昼食(工場内レストラン)
12:40 解散



同じ参加者の
WADA-blogわださんや、裏[4k]シケさんと午前中に小樽で合流した後
余市蒸溜所へ向かいました。

余市駅で降りると、そこには素敵な樽のモニュメントが来る人を迎えていました♪

IMG_5283

余市駅から蒸溜所は直線で、駅の直ぐ目の前に蒸溜所の正門が見えているんですね!
こんなに近いとは思っていませんでした!(・・

勇む気持で駅前通りを蒸溜所へ向けて歩き始めたその時。
ふと、道脇をみると。

余市蒸溜所の創始者 竹鶴政孝氏と奥さんのリタさん の石碑が。。

IMG_5289

“日本のウイスキーの父”と言われる竹鶴政孝氏とリタ夫人。

竹鶴氏がスコットランドに留学のときに恋に落ちて、駆け落ち同然に結婚したそうです。


( 余市 「夢のづづき」さんより引用)

後から蒸溜所の方に伺ったのですが。
この石碑の脇に生えている草は、スコットランド出身のリタさんが好きだったヒースだったんですね!
リタロードと呼ばれる沿道沿いには、このヒースがずっと植えられていました。

IMG_5293


蒸溜所の正門は石造りで、重厚な感じ!

IMG_5296

中に入ると、そこは更に異国情緒が漂っていました。

IMG_5302

このイベントは2日間ともお天気に恵まれ、建物も青空に映えていて素敵でした!(^^

IMG_5299

工場長さんへ参加者の皆で挨拶した後は、各自に用意された作業服に着替えて
セミナー&ウイスキー作り体験へ出発です!

IMG_5305


皆さんつなぎが似合う方や、作業服姿がとても可愛らしい方が居て
着替える事で緊張感もほぐれ、一気に参加者の皆さんと打ち解けた感じがしました♪

つなぎの作業服もこれが初めての体験でしたが、なかなかに良いものですね!(^^*

IMG_5323

セミナールムに着くと、テーブルには蒸溜所のパンフレットと、工場内で説明を聞く為のイヤホンが用意されていました。

IMG_5328


セミナーでは、まず2日間のスケジュールを確認した後。

ニッカウヰスキーの歴史から始まり

IMG_5334


創始者である竹鶴政孝氏と愛妻のリタさんの説明を聞き。

竹鶴氏を信じて遥か遠いスコットランドから日本へ来たリタさんと
ウヰスキーづくりに生涯をかけた政孝氏の話しを伺って、胸を打たれ。

お二人の話しに遥かなロマンを感じて胸が熱くなりました。

IMG_5338

具体的なウヰスキーの話しとしては
余市では力強い男性的なウヰスキーを作っていて。
大麦(二条大麦)がウヰスキーの原料として使われている事。

蒸溜行程でのポットスチル(石炭直火焚蒸溜)はコクが出るが、この方法はもう余市だけになってしまっているというお話などを伺って。

ニッカさんのウヰスキー作りにかける情熱と信念を強く感じました!(・・

IMG_5354

本場のスコットランドでもこの創業当初からの製法は珍しくなっているとの事。
余市蒸溜所(ニッカ)の皆さんは、手作りに強いこだわりをお持ちなんですね!(・・

IMG_5356

その他にも「食べ物でも飲み物でも、その土地の空気を吸って美味しくなる」、「美味しい空気作りが大切」と言っていた竹鶴政孝氏が余市の土地を選んだ理由や

IMG_5362

ウヰスキーの製造工程に関するお話などを伺った後。

IMG_5348

いよいよ実際の工場見学&作業体験へと移りました。


ウヰスキーづくりに対する情熱と、創始者政孝氏とリタさんを大切にするニッカ余市の皆さんのお気持ち。
このセミナーを伺っただけでも、ヒシヒシと伝わって来ました!!(^^

長くなるので、この続きは順次記事にアップしてゆくことにします♪

参加者の皆さんも続々と記事をアップされていますので
以下のブログパーツ↓をご覧下さい。。






関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

#461 すっごく
楽しそう((✿ฺ◕ฺ∀◕ฺ`)屮
いいなぁ♡
#462 とっても楽しかったです♬
>CHIZUさん。。
ご無沙汰しています。(^^
コメントどうも有り難うござます!
「余市マイウイスキーつくり」体験イベント、とても楽しかったですよ!(^^/
他の参加者の皆さんも続々と記事をアップされているので、ご覧になるとまたたのしいですよ♪

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。