スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「つくって楽しいブランデースプリッツァー講座」懇親会編

かなり間が空いてしまいましたが。

12月に参加したサントリーの「
つくって楽しいブランデースプリッツァー講座」記事の続編を。

IMG_2186

オレンジをブランデーに漬け込む手順と、オレンジを漬けたブランデーを使ってブランデースプリッツァーを作る方法を勉強し
◯ 
「つくって楽しい ブランデースプリッツァー講座」オレンジで美味しく♪


その後はオレンジを漬け込んだブランデーや、漬け込んだオレンジを使い、目の前でいくつかお料理を作ってみせて下さいましたが
◯ 
「つくって楽しい ブランデースプリッツァー講座」レシピ色々♪


これらの講習会の後は、いよいよお料理を試食する懇親会へと移りました。

懇親会では講習の際、作り方を目の前で見せて頂いたお料理の他、レシピのみを勉強したメニューも、全て試食させて頂きました。

以下の3つは既に以前の記事にレシピをアップしてありますので
そちらをご覧下さい。

◎ オレンジのプリンと(抹茶のエスプーマ)

IMG_2136

◎ オレンジマーマレード

IMG_2048


◎ オレンジシュガー 


IMG_2134

◎「つくって楽しい ブランデースプリッツァー講座」レシピ色々♪


これとは別に、講習会では作らなかったレシピを以下にご紹介します。


こちらは 
お皿の真ん中が『フォアグラのムース』↓ 右のオレンジ色の物が
『オレンジマーマレード』

IMG_2106



ムースのレシピは以下の通り。


【フォアグラのムース】

<材料>
・フォアグラ 220g(フレッシュ)・生クリーム 250g
・バター 25g・卵黄 70g    ・ブランデー(オレンジを漬けたもの)6cc
・ポルト酒(ルビー)45cc     ・塩 8g
・砂糖 14g

<手順>
1. ②と③を沸かし、①と共にミキサーにかける。
2. ④と⑤を加え、網でこす。
3. 器に入れ、湯煎でオーブンへ入れる(180℃ 25~30分)

※ 頂いたこちらのレシピなのですが、実は②や③などの番号が一体どの事なのかちょっとよく分からず。(^^;
  この際、ムースの作り方を勉強してみようと思います!


こうして作られたムースをバケットにつけて頂きました♬ 
これがとろけるようで美味しいんです!

ブランデーの風味もあってか、とても深い味わいのムースでした! 

このように、ムースとマーマレードを一緒にのせて食べてもよいのだそうです。

IMG_2114

ムースもマーマレードも同じオレンジのブランデーベースなので、違和感は全く有りませんでした。

次に

『人参のポタージュ オレンジ風味』


白いカップに入っていて、人参の黄色がとても綺麗でした♪


IMG_2120

頂く前にブランデーを数滴たらしてから頂きました♪

人参とオレンジって・・ ちょっと意外な組み合わせ!?
と思いましたが、この2つはとても相性が良いのだそうです!

レシピは以下の通り。

【人参のポタージュ オレンジ風味

<材料>
・人参 1kg    ・塩 8g
・砂糖 10g    ・バター 50g
・生クリーム、牛乳 適宜
漬けてあるオレンジの実

<手順>
1. 人参は皮を剥いてスライスする。
2. 人参に塩、砂糖を加え、ボールで混ぜながら軽くもむ。
3. 温かい所でラップをして水分を出す。
4. 水分が出たらザルで水気を切り、バター50gを加え、軽くスゥエ(炒め)して
   弱火で水分を少量入れて蒸し煮する。
5. 指で潰れるまで火を入れ、ミキサーでまわしてパッセ(漉す)する。
6. 生クリームと牛乳を加え、塩、コショウで味を整える。
7. オレンジの実を浮かべて供する。


IMG_2125

このスープの中には、ブランデーに漬けたオレンジの実も入っていたのですが
プリンの中に入っていたオレンジと違い、ブランデーの味が強く感じられ
ちょっと驚きました。

どちらのオレンジも同じ時間だけブランデーに漬けてあったそうですが
一緒に調理する味によって、全く誓う印象になるんですね。


そして最後のお料理。

【アメリケーヌソース】

IMG_2129

~*~ アメリケーヌ・ソース とは ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

フランス料理のソースの一種。エビの殻を炒めることで、赤い色素が出た、オレンジ色のソース。
甲殻類独特の甘味とコクが堪能できる料理。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
とのこと。

なんでも、オレンジは甲殻類ともよく合うのだそうです!

実際にこのソース、とても軽い口当たりなのに風味が良くて♪
本当に上品な感じのソースでした。

レシピは以下の通り。


【アメリケーヌソース】

<材料>
① 切りワタリガニ 500g       車海老 500g
② 玉ねぎ 1/2個(さいの目切り)  人参1/2個(さいの目切り)
  セロリ 1本(さいの目切り)   ニンニク 1片
③ トマトペースト 大さじ2
④ 白ワイン 400cc        ソーテルヌ(甘口ワイン)400cc
⑤ 生クリーム 1ℓ
⑥ サントリーブランデーvo
 ブランデー(オレンジを漬けたもの)

<手順>
1. ①を良く炒め、②を加えてさらに炒める。
2. 野菜に火が通ったら③を加え軽く混ぜ合わせ、ブランデーでフランベする。
3. ④を加えてアルコールを飛ばし、ひたひたまで水を入れ30分炊く。
4. 30分おいて、パッセ(シノワ という円錐状の漉し器を使って だし汁や煮汁などを
  漉し分ける作業 )する
5. こした物をつめて、クレメ(クリーム状に)し、香り付けにオレンジを漬けたブラ
  ンデーを加える。

こんな素敵なソースが自宅で作れたら、お洒落ですね!!(^^
このソースも果物を漬けたブランデーを使っているので、フルーティーな味がプラスされて居ます。


夜景が綺麗に見えるフレンチレストランで、こんな素敵なお料理の数々を頂いて来たというわけです♪


IMG_2086

もちろん!お料理と一緒に、美味しいブランデースプリッツァーも頂きました♪

IMG_2087

こうして和気あいあいと、素敵に楽しい懇親会も終わり。

自分が実際にブランデーにオレンジをつけ込んだ瓶と

サントリーブランデーVO、レードル(30cc)をお土産に頂いて帰って来ました。


IMG_2188

このセットが有れば、お家でいつでもブランデースプリッツァーが楽しめますね♪(^^*

実際に翌日、相方や両親にブランデースプリッツァーを作ってあげたら
「美味しい!」と言って、みんなにはとても好評でした♬


また、ブランデーに漬け込んだオレンジや、オレンジ風味のブランデーもお料理に何度か使ってみたので
それらも今後、記事にしてみようと思います♪







関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。