スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「つくって楽しい ブランデースプリッツァー講座」オレンジで美味しく♪

サントリーさんのブロガーイベントに参加するのが趣味のようになってる自分。

今までに勉強させて頂いたのは
ビール、ウイスキー、カクテル(ジン・ラム・ウォッカ・テキーラなど)、缶酎ハイ(ウォッカ)、リッキー(リキュール、スピリッツ)、ワイン etc...

色々なお酒を勉強させて頂いて来ましたが
今回はまだ1度も勉強したり、飲んだ事の無いブランデーのイベントとの事!!

参加しない手はない!と言う事でまた参加させて頂いて来ました♪

IMG_1823

今回はのイベントは

つくって楽しい!ブランデースプリッツァー講座

会場は東京駅直ぐそばにあるフレンチレストラン
resonance(レゾナンス)

今回のセミナー内容は以下のような内容で行われました。

  第1部 ブランデーセミナー

  第2部 自家製ブランデースプリッツァーをつくろう!

  第3部 漬けた果実をさらに楽しむレシピご紹介

  第4部 懇親会(ブランデースプリッツァーとお料理を一緒に)


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
◎ 
「ブランデースプリッツァー」とは

 「ブランデースプリッツァー」 とは、ブランデーにオレンジや旬のフルーツを入れて、炭酸を加えて楽しむ、ちょっとお洒落なブランデーの飲み方。
フレッシュフルーツのみずみずしい香りと、炭酸のシュワシュワッという発泡感が、ブランデーのおいしさをより一層引き立てる新しいブランデースタイルです。


◎ 
ブランデースプリッツァー

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ブランデーはお菓子作りなどに使う意外、殆ど触れた事すら無い自分。

「ブランデーはワインを蒸溜したお酒」だと言う事も知りませんでした!!

果物であるぶどうから出来た果実由来の蒸留酒なので、果物との相性は◎なのだそうです。

どうりで果物を良く使うお菓子作りに使われるはずですね!!

なんでも、ブランデーは世界では人気で、世界市場での伸びは前年比で110%となっているのだそうです。

特にアメリカ、イギリス、フランスで
「トニック割り」「ジンジャーエール割り」などの新しいブランデースタイルがお洒落なお酒として人気なのだとか!

また、ワインを蒸溜したお酒のため、ブランデーの華やかな香りとフルーティーな味わいは洋食との相性がとてもいいのだそうです。
特に、ブランデースプリッツァーのフルーティーな味わいはワインの合うお食事ととても相性がいいとのこと!

それだけでも充分惹かれてしまう私。。(笑)

フルーツを漬け込むのもわずか1日でOKとの事ですし。
気楽に楽しめそうです♪

急ぐ時などは、果物を漬け込まなくても楽しめるようで

<ブランデースプリッツァーを手軽に作りたい時>
※ 果物を漬け込まずに直ぐに飲みたい時。

◎ サントリーブランデーVO + 炭酸(推奨はトニック)+ フルーツ

 でOKだそうで、これなら直ぐその場でも作れる訳ですね!

IMG_1853


とても手軽に作れるので、日本の焼酎のお湯割り+梅干し!? 
のような感覚で作ることも可能なんですね♪ ^^

しかし!

折角ならブランデーに果物を漬けて、風味が充分についたブランデーを楽しみたいもの。

このセミナーではブランデーにオレンジを漬けて、ブランデースプリッツァーとして楽しむ場合の作り方、楽しみ方を色々と教えて頂きました。(^^

まず始めに、スタッフの方が事前に作って下さり、すでに卓上に用意されていた
ブランデーにオレンジを漬けた瓶から、ブランデースプリッツァーを作ってみました。


まずはブランデースプリッツァーの試飲から。。

【ブランデースプリッツァーの作り方】:ブランデーへの果物の漬け込み方は後ほど

1.果物を漬けた瓶からブランデーを小さなレードル1杯分すくいとり。(1杯30ml)

 ※ ブランデー:炭酸 = 1:3 がお勧めの濃さだそうです。

IMG_1877

2.それを氷の入ったグラスに注ぎ

IMG_1884

3.トニックウォーターを泡立てないように注ぎます。

IMG_1888

4. 最後に、炭酸が逃げないようにマドラーで縦に1回かき混ぜて出来上がり♪
  (これはハイボールと同じですね)

果物を漬けた瓶から、ブランデーをレードルですくいとるのも何だかお洒落♪(^^
味はとってもフルーティーで甘く美味しいんです!!

思わずどんどん飲んでしまえるほどに飲み易い!
メチャメチャ自分好み~♪ 

しかし!ブランデースプリッツァーのアルコール度数はなんと約8%!! 
ビールの2倍は有りますね・・(汗) 
女の子を酔わすにはもってこいの度数と飲みやすさ・・。(^^*;
美味しいからと、どんどん飲むのは危険危険!(笑)

この美味しい試飲後は

テーブルに用意されていたペティナイフとまな板を用いて。
実際に自分達も、サントリーブランデーV.Oにオレンジを漬け込んでみました♪

IMG_1829

ブランデーにオレンジを漬け込む方法

<用意するもの>

・ サントリーブランデーV.O・・・1本(640ml)
・ オレンジ         ・・・1個
・ ブランデーにオレンジを漬け込む瓶

<作り方>

1. オレンジ1個を櫛形に4等分に切る。

IMG_1906
 

2. 櫛形にしたオレンジの皮を剥く。(この時なるべく実に白い部分を残さないように)

 ※ 白い部分が残っていると、苦みが出てしまうため出来る限り削ぎ取ります。
 ※ 芯の部分の白い所も切り落とします。

IMG_1907

3. 皮についている白い部分も極力削ぎ落します。

 講師の先生方が見本↓を見せて下さいました。

IMG_1912
 
 白い部分が全く無くなら無くても、オレンジのプツプツが出れば
 これくらい↓でOKだそうです。

IMG_1914

4. 白い部分を取り除いた実と皮を、漬け込み用の瓶に全て入れます。

IMG_1920

5. このオレンジを入れた瓶にサントリーブランデーV.Oを肩の線位の所まで入れます。

IMG_1931

6. 瓶の蓋をしっかっかりして1日置けば出来上がり♪

IMG_1942

※ オレンジの皮は苦みが出るので1週間後には取り出した方がいいそうです。

この取り出したオレンジの皮も、捨ててしまわずに乾燥させたりして色々に使えます!
取り出した皮については後の記事でまた書きますね♪


飲めるようになるまでに1日と、時間が掛からないのがとてもいいですね♪

お家でちょっとしたパーティーなどをする時は
前日に漬け込んでおけば、充分香り豊かなブランデースプリッツァーが楽しめると言う訳です!

ブランデーにほんの一手間で、風味を添えられる訳ですね♪ (^^*

夏も常温で保存可能、蓋さえ開けっ放しにしなければ1ヶ月位は楽しめるそうです♪


使うブランデーについては、フルーティーで華やかな香りの
サントリーブランデーVOが果実の味と香りを引き出すのはとても良いそうです。

お値段も1ボトル 995円 とリーズナブルで気兼ねなく色々作って楽しめますね!!

ここで作ったこちらの瓶はお土産として自宅に持ち帰り
今も家族でスプリッツァーを作って楽しんでいます♪

IMG_2288

IMG_2300

ウチの方では
トニックウォーターがなかなか手に入らないため

直ぐに手に入るジンジャーエールで割って楽しんでいます♪ (^^*

相方はよほど気に入ったらしく、滅多に私とはアルコールを飲まないのに
相方から「スプリッツァー飲もうよ。」と言い出すくらい!(笑)

こんな調子でもう残り少なくなったので、今度は違う果物で作ってみようと思います♪

この作り方の講習の後
ブランデーに漬けたオレンジの活用方法や、オレンジの風味が充分に染み込んだブランデーを使ったお料理(レシピ)も色々と教えて頂いたので、そちらはまた次の記事にしますね♪(^^


サントリートピックスでは、ブランデースプリッツァーに関する記事が色々とアップされていますので
そちらをご覧になると、楽しみ方が詳しく分ります♪

「ブランデースプリッツァー」とは?
「ブランデースプリッツァー」が飲めるお店「窯焼PIZZAとワインの店 BOSSO」がオープン
・「
つくって楽しい!ブランデースプリッツァー講座」速報レポート
【続報レポート】「つくって楽しい!ブランデースプリッツァー講座」
自家製ブランデースプリッツァーのつくり方〈オレンジ篇〉
自家製ブランデースプリッツァーのつくり方〈リンゴ篇〉

また、このイベントに参加された皆さんも詳しく記事にされていますので
そちらもご参考までに♪

関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。