スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Volvic」ブロガーミーティング。。とても勉強になりました♪

8月9日の夜、時々イベントやモニターでお世話になっているAMNさんのブロガーイベント。

「夏の水分補給の新常識″Healthy Hydration”とは?「Volvic」ブロガーミーティング@Water Cafe & BAR ″ARTICA”」に参加させて頂いてきました。

会場は代々木駅から徒歩5分程度の場所に有る
Water Cafe & BAR ″ARTICA”

IMG_9612


会場に入ると、入口にはズラリとミネラルウォーターがディスプレーされており。

IMG_9618


テーブルにはグラスと今回のイベントでお話を伺う「
ボルヴィック」が用意され。

IMG_9627


カウンターには今回のイベント用に、ボルヴィックが並べられてとても涼しげ。

IMG_9622


同席の皆さんと名刺交換などして歓談しているうちに、いよいよセミナーの開始です。

IMG_9626

まずはダノン・ウォーターズオブジャパン(株)の概要や
展開する事業領域の説明を伺ったのち。

IMG_9630


※ ダノンはミネラルウォーターのシェアは世界第2位(2009年時点)とのこと。


今回のイベントの主題となっている
「Heslthy Hydration」の説明が始まり、人間の水分補給と排出のバランスをスライドで細かく解説してくださいました。

IMG_9632

IMG_9647


成人の体が必要とする水分量は、1日約2.5㍑と言われており。
そのうち食事以外で飲み物から補給すべき水分量は1.2~1.5㍑以上

ボルヴィックは、体に必要な1日1.5㍑の水分を、糖分・カロリーゼロの、健康的なミネラルウォーターから摂取することを推奨しているのだそうです。

※ なんでも「Volvicチャレンジ」ということで、1日に水を余り飲まない人達を中心に、500mlのペットボトルを3本のむという習慣を一週間続けてみる試みを実験的にされたそうで。

IMG_9674


その結果も、とても興味深いものが有りました。
特にお肌が気になる女性には良さそうですね。。(^^

IMG_9678

IMG_9680


上の2つの写真の他にも、まだ色々な心理面や体調面での変化が有ったそうです。

また。
今回初めて知り、1番印象に残った事

ヨーロッパと日本のミネラルウォーターとの基準の違いでした。

ヨーロッパでナチュラルミネラルウォーターと呼べるのは。

「環境保全で水質を守られた採水地の水を、一切の殺(除)菌処理をせずにボトリンクしたもの」
だけ。

ボルヴィックも水源地とその周辺の環境が厳重に保護されて、全ての汚染から守られた、一切の砂金処理なしで飲める本当のナチュラルミネラルウォーターなのですね。。(^^*

※もちろん!これらの水は、厳しい水質検査を満たした水です。

IMG_9642


ボルヴィックは、オーヴェルニュの豊かで広大な自然の中で、
安山岩を含む6層(6つの地層)の天然フィルターを通った水を、人の手に一切触れることなく地下90メートルから採水。

それを外気に触れずにボトリングし、厳しい検査をクリアしている水なのだそうです。

実際のボルヴィックの採水地の写真はこちら。

IMG_9636

地域全体を環境保全しているため。

全面的な化学薬品の使用規制と徹底した環境の保護が行われている水源地周辺の農業は、有機栽培が推奨され。また、美しく豊富な自然と環境が生んだ、ボルヴィック産の野菜はナチュラルミネラルウォーター同様にブランド野菜として販売されているそうです。(
リンクより)

ほんとうに地域一体での取り組み、すごいですね・・。

一方、日本のミネラルウォーターは、濾過、沈殿、熱殺菌されていないとダメだそうで。
この違いにはとても勉強になりました!

◯ 
日本とヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターの違い

◯ ヨーロッパの法令が定めるナチュラルミネラルウォーターの厳しい基準とは?

自分は今まで、外国のミネラルウォーターの安全性について知識が無く

「どういう場所や条件で採水された水なのかよく分からない」という漠然とした不安感から、以前は日本の水ばかりを購入していたのですが。


このイベントで、ヨーロッパの水(ボルヴィック)などにも安心感が持てました!(^^

ボルヴィックは硬度も60位と言う事で、調理に使ってもミネラル分が析出して濁ったり
ミネラル分が多過ぎてお腹を下したりなどの心配も無いそうです。

◯ 
水の硬度 「硬水と軟水」

◯ 
硬水と軟水

◯ 
水大辞典 軟水、硬水、炭酸水

◯ 
軟水と硬水

水の硬度1つとっても、色々な違いが有って本当に色々勉強になりますね・・。

勉強して水の事がよく分かって来ました♪
水の硬度に関しては、用途によって使い分けて行けば好いのですね。(^^

これからは日本の水にこだわらず、ボルヴィック(ヨーロッパの水)もドンドン購入してみようと思います♪


また、上記文章中でも少し触れましたが。
自分もこれからボルヴィックチャレンジをしてみる予定なので

いつも1日500mlを一本も飲みきれない自分が、一日1500mlのミネラルウォーターを飲んで一体どう変わるのか・・。

それもまた今後の記事でご報告してみたいと思います。



最後に。。


水分補給診断ができるキャンペーンサイト
Volvic 水分補給習慣チャレンジ
 

これで自分のカラダの水分状態を簡単にチェックする事が出来ます♪

ちなみに自分はこの診断で「サバンナタイプ」と診断されました・・。(汗

IMG_9694

お肌がカラカラにひからびてしまわないように、これからこまめに水分摂取してみようと思います!!


当日の様子はAMNさんの記事でご覧頂けます。

◯ 
夏の水分補給の新常識"Healthy Hydration"とは?「Volvic」ブロガーミーティング@Water Cafe & BAR"ARTICA"にご参加いただき、ありがとうございました。


このイベントに参加された皆さんの記事もご参考までに。。




関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。