スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエを始めた娘。。~髪型編(シニヨン)~

娘がバレエを始めてから、はや3ヶ月が終わりました。

大分雰囲気に慣れ始めて、少しずつ力も抜けて来たようです。

バレエ教室に通って来るお子さん達は
みんな綺麗にシニヨンにしていて、おくれ毛一本ない状態!

前髪まできちんとまとめて、とてもすっきりと綺麗なんです。

よく見てみると、Uピンやアメピンも殆ど見えません・・。


自分はシニヨンをした事が無かったので、どうやったらあんなに綺麗に子供の髪をまとめられるのか?
何度やっても上手く出来ず。
娘の頭はいつもピンだらけで困っていました。

そんな矢先、発表会を控えたお子さんを持つお母さん達を対象に、バレエ教室でヘア講習会を開催してくれたので、早速参加させて頂きました。

何でも、発表会やコンクールでは、シニヨンのお団子が頭から出っ張り過ぎていても、小さ過ぎてもダメ。
そして後れ毛一本あってはダメだとか!

ましてやピンなどは、極力見えない方が好いのだそうです。

慣れないうちは先生からバッチリダメだしされて泣きが入ると!(汗


なので、せっかく教えて頂いたやり方を忘れないようにビデオで撮影♪

慣れているママでも、かなりの時間をかけてシニヨンを作っていました。

このビデオも実際は10分以上はゆうに有るのですが、なんとか5分くらいに縮めました。



ビデオをご覧になると何となく流れがわかるかと思いますが

一応、用意する物と手順をまとめておきます。

<シニヨン作成で用意するもの>

◯ 髪を濡らす為の霧吹き(中はただの水)

◯ ブラシ(髪が少ない子はブラシではなく薄いクシでOK)

◯ 輪にしていない太目のゴム20cmくらい
  (髪が少ない子は細めのゴムで)

◯ ネット(発表会やコンクールでは細く目だたないネット)

◯ スーパーハードジェル(霧吹きの水でのばしても使います)
  ※マツキヨなどで売っている物で好いそうです。

◯ ヘアスプレー(最後に後れ毛を全てまとめる為のセットスプレー)
  ※これはスプレーでもジェルでも好きな方で好いそうです。

<シニヨンにする手順>

1 髪をとかしたら霧吹きで髪全体を良く湿らせる。

2 髪全体が良く濡れたら、スーパーハードジェルを手の平にとり
  霧吹きの水で良く伸ばす。

3 手で良く伸ばしたジェルを髪の生え際をメインにつけて、髪を後ろ
  へまとめる。
  ※まとめる位置は高すぎず低すぎず。
   お団子を平たく伸ばした時に頭のラインと馴染む位置で  

4 全体的に髪を後ろへまとめられたらブラシを使って髪を綺麗にま
  とめる。(髪が少ない子は平たいクシで)

  ※充分時間をかけてブラッシングし流れを髪の根元に覚えさせる。
  ※この時子供は上を向き気味にさせ、小さい子供などは動かない
   よう何かを見つめさせておくようにすると好いそうです。

5 綺麗にまとまったら、輪にしていない太目のゴム(髪が少なく細
  い子は細めのゴム)をポニーテールした髪に巻き付け、子供が痛
  がる位のつもりでぎゅっと縛る。
  ※縛る時はこぶ結びで好いそうです。(ほどけないように)

6 ポニーテールの髪をねじってまとめ、ネットを被せる。

7 お団子が出来たらそのお団子を手で伸ばして頭のラインと同化さ
  せる
  ※この時お団子が膨らみすぎず、大きくなりすぎず。
   頭とお団子との境目が段にならないように。

8 綺麗にお団子を伸ばせたら、Uピンを頭にまずは垂直に刺す感じで
  当て、それを寝かせるようにして、髪の流れに斜めに刺すようにお
  団子の中心に向けて入れて行く。
  ※四隅をぐるっと留めたら、今度はその間にさしてゆく

9 次にアメピンでネットを髪を留める。
  (Uピンだけで綺麗に出来たらアメピンは使わなくても好い)
  ※アメピンは短い方を上にしてネットをちょっとはさみ下の髪に留
   めて行く感じ

10 最後に後れ毛をジェルやハードスプレーで綺麗にまとめる。

11 踊って汗をかくと毛の生え際に付けたジェルが額などに流れて来る
  ので、額の生え際に付いたジェルは、タオルで余分な物をあらかじ
  め拭いておくと好いそうです。

12 前髪がまだ短く、シニヨンにまとめられない場合はどうしてもジェ
  ルだけでは落ちて来てしまうので、アメピンなどで目だたないよう
  に止めておくと好いそうです。
  ※この時なるべくお団子の近くの目だたない場所に


始めのうちはかなり大変かもしれませんが

やはり回数をこなす事で、段々早く上手になって来るそうなので
自分も頑張っていみてます。(笑)

また、顔などに髪がパラパラ落ちて来ると、その髪を気にして手で払う癖がついてしまうのが一番良くないそうなので。
その癖を付けない為にもきちんと髪はまとめてあげられると好いですね♪

関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

#453 こんにちは
こんにちは。突然のコメントすみません。体を動かすことの大切さや楽しさを伝えようと「フィットネスの勧め」というサイトを立ち上げています。ヨガ、エアロ、バレエ、ボクササイズなどのスタジオレッスンを始め、自重、ダンベル、バーベル、チューブ、バランスボールなどの筋トレをイラストや動画を用いて解説しています。
 また、筋肉や骨についての解説も掲載しています。
よろしければ暇なときにでも見てください。
http://www.i-l-fitness-jp.com/
このようなコメント、失礼に感じたら大変申し訳なく思います。
#494 懇切丁寧な記事をありがとうございました
こんにちは、はじめまして。当方大人からバレエを始めた者です。最初はアメピンで髪をまとめられることすら知らなかったのですが、発表会を前に本格的にシニヨンを美しく作るにはどうしたらよいのもかとインターネットを検索するうちにこのブログを発見いたしました。大変懇切丁寧な記事で、多くを学ばせていただきました。ありがとうございました。
#495 コメントどうも有り難うございました!
>いりんさん。。
はじめまして。コメントどうも有り難うございました。
少しお役に立てたようで嬉しいです。(^^
自分も始めは上手く娘の髪をシニョンに出来ませんでしたが、回数を重ねるうちに何とか出来る様になりました。
今は娘も自分でシニョンを作れる様になりました。やはりやって慣れるしか無いのかも知れませんね。
大人になってから始められたとのこと、好いですね!是非とも頑張って下さいね!(^^9

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。