スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北地方太平洋沖地震(東北関東大震災)

2011年3月11日 14時46分頃東北地方を中心に発生した
「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」

発生から一週間が経ちました。

震災で命を落とされた多くの皆さんに黙祷を捧げるとともに
この地震の詳細を自分用の記録としてまとめてみます。(3月18日現在)


発生日時 :2011年3月11日 14時46分頃

震源地  :三陸沖(牡鹿半島の東南東約130km付近)、深さ約24km(暫定値)
      
地震の規模:マグニチュード(Mw)9.0(暫定値)

      西北西-東南東方向に圧力軸をもつ逆断層
      太平洋プレートと北米プレート境界域における海溝型地震


気象庁発表によるM9.0は地震の規模としては、1923年の関東大震災(大正関東地震)のM7.9を上回る日本国内観測史上最大。
アメリカ地質調査所(USGS)の情報によれば1900年以降、世界でも4番目のものとなったそうです。



【被害状況】

東北地方を中心として大きな被害を出し、地震の影響は広範囲に波及し、関東地方や北海道でも死傷者が出る事態。

警察庁発表による死者数は3月18日に1995年の阪神・淡路大震災(兵庫県南部地震)の死者数を超え、行方不明者も含めれば戦後初めて1万人を越える戦後最悪の自然災害となったそうです。

◯ 
東北関東大震災 動画 NHK


またこの地震で甚大な被害を出したのが津波によるもの。


3月18日22時44分現在
■死者6911人 戦後最悪に 
警察庁によりますと、今回の地震と津波で、これまでに死亡が確認された人は6911人となり、6434人が亡くなった阪神・淡路大震災を上回り、国内では戦後最悪の自然災害。
警察に届け出があった行方不明者をあわせると、1万7000人を超えている。



【宮城県】

警察庁によりると、宮城県では、これまでに4030人の死亡が確認。

沿岸部では壊滅的な被害を受けた地域が多く、宮城県警察本部によると、女川町や石巻市がある牡鹿半島などで、多くの人が遺体で見つかったということです。

また、宮城県内で、警察に家族などから届け出があった行方不明者は2214人。
このほか、各自治体が所在を確認できていない人もいます。

石巻市では、通信手段が限られていることから、被害の全容はまだ分からず、行方不明者の数は最終的に1万人に上ると推定されるとしています。

南三陸町では、人口のほぼ半数に当たるおよそ8000人
女川町では、およそ5000人の所在が不明。
それぞれの自治体が確認を急いでいます。
<津波>

この地震で12日午前0時までに

◯ オホーツク海沿岸~小笠原諸島、四国まで大津波警報が発令。
◯ 北海道~沖縄諸島までの太平洋側沿岸及び北海道の渡島半島の西側
  九州東シナ海沿岸に津波警報が発令
◯ 上記を除く能登半島より北側の日本海側、瀬戸内海~対馬にかけ
  津波注意報が発令

大津波警報、津波警報、津波注意報のいずれかが発令された範囲は日本の沿岸すべてとなりました。

北海道~千葉県にかけて大津波が押し寄せ

特に岩手県・宮城県・福島県の3県では海岸沿いの集落、名取川などの河口周辺から上流に向け数キロメートルにわたる広範囲が水没するなど、甚大な被害が出ました。

(3/18日現在では海岸から5km位まで津波が達した所も有ったそうで、まだ調査がされていない場所もあるそうです。NHKラジオニュースより)

岩手県の宮古市田老町では、明治三陸地震、昭和三陸地震での津波被害を教訓として高さ10メートルの防潮堤が建設され、日本でも甚大な被害を出した1960年チリ地震による津波に対しては、人的被害を皆無に抑えたのに、今回の津波はそれを乗り越えたそうです

検潮所の測定によると
福島県の相馬港では、15時50分に7メートル30センチ以上の津波を観測

大洗や宮古また釜石の観測点でも4メートル以上の津波が計測。

仙台市宮城野区・太白区・若林区・青森県太平洋側沿岸をはじめとして全国各地に避難指示が発令。

港湾空港技術研究所が三陸海岸で津波の高さは15メートル以上になっていたと推定されるそうです。

◯ 津波、岩手県大船渡市の綾里地区で最大23m
東日本巨大地震で、岩手県大船渡市三陸町の綾里地区を襲った津波は最大23メートル以上だったことが18日、港湾空港技術研究所の現地調査でわかった。

13日午後5時58分、津波注意報を全面解除しましたが、気象庁は今後も海面変動が起こること、および余震により再度警報等を発表する場合もあると注意を呼びかけていました。

◯ 
久慈港の津波 最大で13mに NHKニュース


その時の津波の映像を、当日夕方に自宅のテレビで見た写真がこちらです。

IMG_7177 IMG_7179

家が屋根まで水につかり、船は市街地に乗り上げ凄まじい状況。

IMG_7180 IMG_7187

上空からの映像では、津波が民家や大地を飲み込んで行く様子が放映されました。

IMG_7182 IMG_7184


また、日本以外の国でも津波が押し寄せ。

アメリカ合衆国ハワイ州現地時間3月10日21時31分に、同州に対し津波警報を発令。
その他、ロシアやニュージーランド、南米のチリなども含む約50の太平洋沿岸の国・地域に津波警報を発令
 
◯ アメリカ、ハワイ、ハワイ島、コナ では 3.7 m 
◯ ロシア、オホーツク海沿岸、千島列島(北方領土を含む)では 3.3m 
  の津波をそれぞれ観測

その他、多数の国で津波を観測。

日本以外でも、インドネシア・パプア州とアメリカ・カリフォルニア州では津波による死者が発生
したそうです。



<火災>

被害は津波だけにとどまらず、火災も各地で起こりました。

◯ 宮城県気仙沼市ではタンクから流出した重油に引火して大規模な火災が発生し
  市内全域に延焼。
  気仙沼市の市街地の3分の1が冠水、市内で大きな火災が3か所発生

※ 宮城、気仙沼は津波後にテレビでみた映像では、まるで火の海でした
  
◯ 岩手県山田町[116]や同県大槌町[117]で津波襲来後に大規模な火災が発生
  

◯ 千葉県市原市五井南海岸にあるコスモ石油千葉製油所で
  高圧ガスタンクが落下して下にあったガス管が破裂し、爆発炎上。
  この件で、千葉製油所では3人が重軽傷。
  東京消防庁の消防艇が出動したほか
  大容量泡消火システムの準備が進められている

※ 自分の地域はここに近いのですが、火災現場に近い知り合いの話しでは
  真っ赤な火柱が見え、外に出ると目が痛かったそうです。
  また、数Km離れた場所でも火災の火で暖かかったそうです。

◯ 仙台市宮城野区のJX日鉱日石エネルギー仙台製油所のLPGタンクから出火


またこの他にも

原子力発電所の損傷による放射能漏れなどが発生し、東北地方を中心に甚大な被害をもたらした。


 ◯ 大地震の福島原発への影響 YAHOO!ニュース

<各地の震度>

 ◯ 宮城県栗原市で震度7 激しい振幅は2分間続いた
 ◯ 仙台では震度6弱(宮城野区では震度6強)
 ◯ 東京では5分にわたって揺れ、震度5強を観測
 ◯ 大阪でも震度3を観測

この他にもかなりの広範囲で揺れを記録。

東京大学地震研究所の解析によると、本震の揺れは東日本全体で約6分間続いたとのこと。

気象庁などによると、この地震は単一ではなく、3つの地震が連動したものと解析され、同庁地震予知情報課の課長は「5分前後かけて連続して発生するという、複雑な起こり方をしている。極めてまれで、気象庁の観測で初めての経験」と述べたそうです。

破壊断層は南北に400キロ、東西に200キロの広範囲で、少なくとも4つの震源領域で3つの地震が連動発生し、断層の滑り量は最大約20メートルに達したと言われているそうです。

この地震は、単一でも起こりうるM7-8クラスの固有地震の震源域が複数連動して破壊したものと考えられ。869年に宮城から福島にかけての太平洋沖で発生したM8.4(産業技術総合研究所による)の貞観地震の推定震源域と類似しており、この再来である可能性も指摘されているそうです。


<前兆>
東北地方では3月9日-10日に前震の可能性がある地震が発生していたそうで。

 # 2011年3月9日

* 震度5弱以上 三陸沖牝鹿半島東160km 5弱 1回 11:45
* 震度5弱未満 三陸沖 計22回、13:06 - 23:24(熊本県熊本地方4回を含む)

# 2011年3月10日

* 震度5弱未満 三陸沖 計14回、17:59 - 20:30(岐阜県美濃中西部 1回1:58を含む)

<余震>

余震も極めて活発に継続し、本震から間を置かずM7以上の強い地震が立て続けに発生。
茨城県鉾田市で震度6弱を観測(本震では震度6強)

一連の地震は岩手県沖から茨城県沖まで幅約200km、長さ約500kmの範囲を震源としているそうです。

12日には長野県北部を震源とする強い地震が発生
15日には静岡県東部を震源とする強い地震が発生
(長野・静岡とも最大で震度6強を観測)

これらの地震は内陸の活断層における大陸プレート内地震であり、気象庁は「太平洋沖での地震と直接関係はないが、地殻変動などにより誘発された可能性は否定できない」と
今後も震度6弱の余震が連続して起こる可能性があると注意を呼びかけています。



<この地震による地殻の変化>

国土交通省国土地理院は、 GPSによる観測から宮城県南三陸町の志津川基準点が東南東方向に442cm、下方向に75.3cm移動したことがわかったと発表。

陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS) のLバンド合成開口レーダーから
特に震源地に近い海岸部では変動が大きく、石巻市周辺では地盤の沈降や東へのズレから3m以上の差異が解析されたそうです。




以上
地震発生から一週間で分った概要です。

参考・引用サイトは

※ 2011年東北地方太平洋沖地震 ウィキペディア

※ NHKニュース

※ 東北関東大震災 NHK

など。

亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げるとともに、行方不明者のご生存を心からお祈り申し上げます。



関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。