スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレエを始めた娘 ~準備編~

娘(小3)が、何を思ったか、昨年の11月頃に「バレエ(クラッシックバレエ)をやってみたい!」
と言い出して。

昨年の12月頭から習い始めたのですが

周りにやっている人も殆ど居なくて。

すでに小学校3年生になって、体も硬くなり始めている娘。
バレエを習い始める時期としてどうなのか??

今からでは遅すぎるのではないか?? とも考えたのですが

まずは教室に電話をして、体験入学で様子を見に行ってみました。

体験入学で少し一緒にやらせて頂いたのち(この時はTシャツ、ジャージの半ズボンで靴下着用)

先生(先生は数名いらっしゃるご様子)に、娘の年齢でもまだ間に合うのか伺ってみたら。

「まだまだ大丈夫ですよ!私などは小さい頃ちょっとだけやっただけで、本格的に始めたのは子供を産んでからですから(笑)」

「皆さん4歳頃から始める方が多いですが、小学3年生くらいにならないと、こちらが指導してる事もちゃんと理解も出来ない状態ですからね。(笑)やっていれば段々と体も柔らかくなりますよ。大丈夫です。」

とのこと!

バレエって・・ 大人になってからでも出来るんですね!!
てっきり、娘でも遅すぎるかと考えていましたが

やる気が有り、努力をすれば問題無いとの事!


自分の認識と違ってかなり驚きましたが、その話しを伺って安心し。
心置きなく、始めさせてみる事にしました。

バレエシューズは先生が準備して下さるとの事だったので。
娘の足のサイズを伝えてお願いする事にしました。

他に必要な物はとりあえず『レオタード、ピンクタイツ』との事

先生のお話では、インターネットで購入されている方が多いそうですが。

傍に居たママさんが 「
Chacott(チャコット)というお店がお勧めですよ。
そのお店なら安心ですし。そちらのwebサイトからでも購入できますから。」

と教えて下さったので。

ネットで場所を調べて実際に店舗へ買いに行ってみました。

お店に行くと、まだ若い女性の店員さん(ご自身もバレエをなさっている方)が殆どで、丁寧に必要な物のアドバイスを下さり、全くの初心者にとっては本当に助かりました。


やはり実際になさっている方のお話は、とても参考になりますね!


<店員さんに伺ったバレエを始めるにあたって必要な物達>

◯ バレエシューズ 1足(これは先生にお願いしたのでOK!)
◯ レオタード   1~2着
◯ ピンクタイツ    1足(つま先まですっぽり覆う(フーター)トウシューズ
          を使うようになるとつま先のメンテナンスが出来るよう足
          の裏に穴が開いているタイプが便利だそうです)
◯ アンダーウェア ・専用ショーツ1枚(レオタードからはみ出しても目だた
           ないように)
          ・ボディファンデーション
          (バスト部分にパットを差し込めるタイプなら、トップも
           気にならないとの事)


レオタードは色々試着してみて、娘が気に入った物を購入。

タイツはサイズを見て、娘に丁度良さそうな物を一応2種類(フーターと穴あきタイプ)購入。

IMG_5615 IMG_5617

ショーツはこちら。。

IMG_5613

ボディファンデーション(ブラ)とパットはこれ。。

IMG_5614 IMG_5619

娘も自分と同じでバストの成長も早い様なのでこれは必需品でした。

この時に買ったものは、レッスンを受け始めて全てフル活用させて頂いてます。
洗濯用にもう少し買い足したいくらいです。

また、髪を結い上げてお団子にしてネットを被せるのですが。

そのネットもここで購入してしまいました。

IMG_5621

チャコットのサイトを見ても、初心者用にちゃんと解説入りで必要な物が載っていました。

※ 
【特集】はじめてのバレエ ~正しいアイテムの選び方~

やはりその世界を覗いてみると、色々必要な物が有るのだと分りますね。


それに、大人になってから始める事も可能と分ったのは収穫でした。

夢はいつまでも持っていたいですものね。。(^^

いつの日か、娘がトウシューズで舞う姿を夢見ながら。

自分もバレエをやってみたかった幼い日を思い出しています。

IMG_5446

娘、トウシューズで踊れるようになるまで頑張れるかなぁ。。




関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。