スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-196℃の世界を体感しよう!『-196℃ ゼロドライ』ブロガーイベント その1

サントリーさんのブロガーイベントには、今までに何回も参加させて頂いておりますが。

今回は今までにない、チューハイのセミナー!

今回のイベントは

~-196℃の世界を体感しよう!~『-196℃製法』セミナー と言う内容。

「-196℃シリーズ」は、カロリーに気をつけねばならない相方用に
いつも買ってくるチューハイの1つ。

自分も時々、相方と一緒に飲むお酒です。

今回はこの
「-196℃ ゼロドライ」の中味・パッケージをリニューアルし1月18日に新発売との事。

一体、どんなお話が聞けるのか楽しみに行ってきました♪

会場は、武蔵小杉にある
サントリー研修センター「夢たまご」

なかに入ると建物の中は広く、とても綺麗!
セミナー会場入り口を入ると直ぐに、石原さとみさんのポスターとゼロドライがディスプレーされていました。

IMG_6451


各席にはセミナーで使う書類一式、試飲用のコップ、水、スプーンなどが用意されていました。
スプーンは何に使うのだろうな・・。と、ちょっと興味津々。
(スプーンはこの写真には写っていませんが・・(^^*; )

IMG_6453

今回のセミナーのタイムテーブルはこちら↓

IMG_6454


スタッフの皆さんの紹介のあと、商品説明や開発の背景、-196℃での製法などの説明が始まりました。
RTD = Ready to Drink  そのまま飲める飲み物のこと。

IMG_6465

このRTD商品は、過去10年で1.7倍に市場が成長している元気なカテゴリーなのだそうです。

IMG_6466

その中でも缶チューハイは、幅広い年齢層に愛されている様ですが
20~40代の年齢層で特に人気のある商品みたいです。

CIMG3000

やはり、缶チューハイはジュースの様に甘いため飲みやすく
アルコールを飲み始めたばかりの若い世代にも敷居が低いのでしょうね。

お酒が余り強くない自分も、気軽に飲める印象が有ります。
(実際に缶チューハイは家庭で飲む回数も多いです。)

このような説明を聴いた後は、いよいよ-196℃製法のお話です。
開発のヒントは
「自分で作る生搾りチューハイは美味しい!手についたフレッシュな香り!」
「果実の持つ美味しさ・香りを余すことなくぎゅーっと封じ込めたチューハイを作りたい!」

ということだったそうです。


実際に-196℃体験なども有りましたので

これ以降はまた次の記事にしたいと思います。(^^


このイベントに参加された皆さんの記事も続々とアップされていますので
下へ貼っておきます。






関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

#397 楽しかったですね♪
お久しぶりでご一緒させて頂いた、NelsonことKEiです!

今回のイベントも、とても楽しかったですね!

また是非近々お会いできるの楽しみにしています!!
#398 また宜しくお願いします♬
>KEiさん
本当にお久しぶりでした!(^^*
またお会い出来て嬉しかったです♪
いつもサントリーさんのイベントは勉強にもなるし、とても楽しいですね♪
またこれからもイベントでご一緒出来るのを楽しみにしています!!
今度はイベントは別にしても、カー助さん達と一緒に美味しいものでも食べに行きましょう♪(^^/

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。