スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夢。。

新年になって、初めて見る夢がちょっとした楽しみなのですが

初夢って2日の朝起きた時に覚えてないと、それ以降の夢は初夢とは言わないのかと思っていたら。
2日の夜寝てから見る夢も初夢と言っていいんですね♪




初夢(はつゆめ)とは、新年のある夜に見る夢。この夢の内容で、1年の吉凶を占う風習がある。

字義どおりに新年最初に見る夢とされることは少なく、現代では、元日(1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢とされることが多い。


「元日から2日」は、大晦日から元日にかけての夜は眠らない風習ができたことが理由とされる。「2日から3日」の由来ははっきりしないが、書初めや初商いなど多くの新年の行事が2日に行われるようになったのに影響されたためとも言われる。

江戸時代後期には「2日から3日」が主流となったが、明治の改暦後は、「元日から2日」とする人が多くなった。


室町時代ごろから、良い夢を見るには、七福神の乗った宝船の絵に「ながきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな(長き夜の遠の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな)」という回文の歌を書いたものを枕の下に入れて眠ると良いとされている。これでも悪い夢を見た時は、翌朝、宝船の絵を川に流して縁起直しをする。

もうひとつは悪い夢を食べてくれるという獏(ばく)の絵、あるいは「獏」という字を書いた紙を枕の下に敷いて寝るというもの。

初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」というものがある。

かつては「四扇、五多波古(たばこ)、六座頭」まであった。


どうして初夢にこだわるの?
それにしても、どうして初夢にこだわるのでしょう?それは、その夢の内容で1年を占ったからです。昔は現代のような夢解釈理論はありませんが、「夢合わせ」という夢分析で吉凶を判断し、それが行動に影響したのです。江戸時代には夢を買い換える商売まであったといいます。




ふむふむ・・


実は・・ 何となく今朝起きた時に朧げに覚えていたのは

「以前の上司と楽しく話している自分」と言う夢。

どんな意味が有るのかちょっと夢占いをしてみました。

結果は、・・・なるほどと納得でした。(笑)

◯ 
初夢に出ると縁起のよいもの

◯ 
夢ココロ占い ~初夢特集~

◯ 
夢事典


新しい一年の始まりに

夢で自分の深層心理?!を覗いてみるのもまた楽しいですね♪



<引用サイト>
◯ 
初夢 Wikipedia

◯ 
初夢 暮しのミニ知識

◯ 
初夢のいろは~初夢で幸せになる方法 All About

◯ 初夢 はてなキーワード


トラックバック一覧

コメント一覧

#391
あけましておめでとうございます。
笑っていた夢なら、きっと夢占いの結果はよかったんだろうな、」
ぼくは夢を見なかったような気がする。
新年早々目が痛くて眠れなかったから仕方ない。
痛みがひいたから、今夜は楽しい夢が見たいなぁ。
ことしはとてもいい年にしてください。
#392 好い夢を。。
>asoboさん
新年おめでとうございます。(^-^)
また今年も宜しくお願いします♪
目が… そうだったんですか…
辛かったですね。お大事になさって下さいね。
自分は夢の中で笑っていましたが、これから来る春に起こる予定の身辺の変化がやはり、気になっているのかな…
と思う夢でした。
今年は良い一年にしたいですね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。