スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボジョレーヌーヴォー解禁前にちょっと勉強を

コンビニに行ってもスーパーに行っても
「ボジョレーヌーヴォーが18日に解禁」のお知らせが目につきます。

知らない人は居ない程の、この「ボジョレー ヌーヴォー」という名前ですが。

実は私、名前は知っているのですが。
どういうワインなのか??詳しい事は知りませんでした。(汗)

解禁日の18日に、このボジョレーを飲むチャンスを頂けたので。
この機会に勉強をしてみようかと、ちょっと調べてみました。


<ボジョレー>


毎年11月第3木曜日に解禁される、その年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的とした特産品の新酒をボージョレ・ヌヴォー(Beaujolais nouveau)という。

以下は
サントリーさんのサイトに有った説明です。

色々わかりやすいので、ちょっとご紹介をしてみます。



フランス第2の都市、リヨンの北に広がるボジョレー地方。
その大地と太陽の恵みを受けた葡萄を夏の終わりに収穫し、秋までにワインに仕上げる。
これがボジョレー ヌーヴォーです。


<ボジョレーヌーヴォーのはじまり>

ボジョレーとは、フランスのブルゴーニュ南部の地方。花崗岩土壌で「ガメ」という葡萄品種と相性のいい土地です。
その葡萄を夏の終わりに収穫し、秋までに仕上げるワイン、それがボジョレー ヌーヴォーです。
いわばワインの新酒。


<どうして解禁日が必要になったのか>

それはヌーヴォーを開ける日を心待ちにしてほしいから、ではありません。
ボジョレー ヌーヴォーが世界で注目を集めはじめたその時代、ワインの売り手たちはどこよりも早く出荷しようと競い出しました。
その結果、充分に熟成していないワインも出回る事態にさえなったのです。
せっかく世界に認められたワインの評判が悪くなりかねません。
そこでフランス政府は、売り手の足並みをそろえ、ワインの品質を保つために解禁日を設けたのです。
しかしながら、解禁日がボジョレー ヌーヴォーの愉しみをさらに盛り上げていることも事実です。

<なぜ11月の第3木曜日に決めたのか>

はじめ解禁日は「11月15日」でした。
しかし、安息日に働かないフランスですから、この日が土日や祝日と重なると、運送がストップして出荷できなくなります。
そのため1985年に「11月の第3木曜日」と改定したのです。
解禁されるまでは、販売してはいけない、飲んでもいけない。
このルールは厳格に守られています。
日付変更線の関係上、日本は本国フランスよりも早く、解禁日を迎えます。
2010年は11月18日が解禁です。



なるほど。

フランスのボジョレー地方で
今年の夏の終わりに収穫されて作られた新酒のワイン。

品質を保つ為に、我先にと出荷しようとする売り手の気持ちを抑えて。
解禁日を毎年の「11月の第3木曜日」に制定


だからみんなその解禁日を楽しみにしているのですね♪


私の場合「その年のブドウの出来栄えをチェックする」なんて、たいそうな事は出来ませんが。

結婚してからと言うもの、ワインを飲む機会が少なく。
久しぶりのワインになるので、今からとても楽しみで♪

じっくりと今年のワインの味を、楽しませて頂いて来ようと企んでおります♪

ちょっと検索したら

◎ ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方

◎ アルコール、ドリンク ボジョレヌーボーの美味しい飲み方 

◎ そっと仕入るボジョレーヌーヴォー基礎知識

なんて記事も見つけました。

なるほど、ご自宅で飲まれる方は買って来たら直ぐに飲まずに

冷蔵庫で1時間くらい冷やして、軽く冷えている位の温度(10~12℃)に冷やしてから頂くと

軽口の(ライトボディの)ボジョレーヌーボーは一層美味しく頂けるのですね。

色々と勉強になりました!

あとはもう、実際に飲んでみるべし!ですね♪


関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。