スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お彼岸に咲く花。。

最近、私の書く記事について色々な助言をしてくれる主人。

今宵は素敵な文章を書いてくれたので、ちょっと紹介させて頂きます。



9月に入って残暑が続き「暑さも寒さも彼岸まで」ということわざを心の支えにしてきても、彼岸の入りの20日の最高気温は30度を超えていました。

それが火曜日だったでしょうか、ひと雨降ったらとたんに寒いくらいになり、今夜あたりはストーブが欲しいほどになっています。

そうしたら急に、いままで忘れていた彼岸花の存在が目に付くようになりました。

飯倉照平『中国の花物語』(集英社新書)に、『土地によってシビトバナ(死人花)というのは、墓地と縁が深かったからだろう』とあります。

◯ 彼岸花<石蒜> の章を要約すると。

中国名で石蒜(せきさん)、石のにんにく、というのは、球根(正しくは鱗茎というらしい)がにんにくと似ていながらカロリンというアルカロイド系の毒物を含むため食用に出来ないことから来るようです。

それを江戸時代の本草学者、貝原益軒は、その毒抜きをしてでんぷんをとる方法を普及させて、飢饉に備えてあぜ道などに植えておくことを奨励したとされます。

とも飯倉氏は書いています。


この彼岸花は、今年のようないつもと違う気候の時も、9月下旬にきちんと咲く不思議なところがあり、燃えるような赤い色やその形も、何か不思議な雰囲気を感じさせます。

20日にはじまったお彼岸も、23日秋分の日を中日にして明日が最終日。
お墓参りはもう済ませましたが、彼岸花を探して散歩でもしてみるのも好いですね。


 

ウチの相方も、なかなか素敵な文章を書くではないですかw


彼岸花

こちら↑の彼岸花の画像はネットを彷徨っていたら見つけた
「むしみず撮物帳」さんの記事から、ちょっと拝借させて頂いたものです。


調べてみたら、彼岸花の名所案内なども有りました。

◯ 
彼岸花の名所

<彼岸花の花言葉>

 「情熱」「悲しい思い出」「思うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」

<彼岸花の葉> 
 
  花が咲いている秋には葉はなく、花が終わった冬に葉を出してくるので
  花と葉を同時に見ることはできない


彼岸花って、赤だけではなく「白」や 「黄色」 の花も有るんですね。


明日、お天気が好かったら娘と一緒にお散歩がてら

彼岸花を探してみようかな♪



関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

#364 彼岸花
彼岸へと至る花ですね。

素敵な名前ですね。

旦那さん、博学だ~

良縁に恵まれましたね(^ω^)
#366 どうも有り難うございます。。
>サラスヴァティーJr
彼岸花。。 
凛として緑の野を真っ赤に彩って咲いて居ますね。
相方に伝えたらとっても喜んでおりました。(^^*
皆さんからこう言うコメントを頂けるのが嬉しいみたいです、ウチの主人(笑)
自分でもblog初めて見れば好いのにねぇw

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。