スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八里半。。


また相方からの聞き書きを一つ♪




台所に、栗が有った。。

ザルに入って、手で掴んで5杯分くらいか・・。

人から貰ったものか

家で取れたものかはよく分からないけれども


粒も小さくなくて、美味しそうだ。


秋の味覚と言えば、芋と栗が代表だろうけれど、芋の方は比較的歴史が新しいのではないか。

江戸の中期、享保時代に蘭学者の青木昆陽が備荒作物として

日本に移入して来たのがサツマイモ普及のきっかけと聞いている。


その為、当時の人にとっては芋よりも栗の方が馴染みが有ったようで

味も両者は似ている事から焼き芋屋の看板には、「八里半」と書いてあったらしい。

味が栗(九里)に似ているかららしい。

IMG_3838





これを入力中に、相方がポツリと

佐々木喜善のようだなぁ。。」と一言。


下の記事に書きましたが


相方は、やっぱり遠野が好いのかなぁ。。

ちなみに。。


青木昆陽とサツマイモの関係・・ 知らなかった私。

また一つ勉強になりました。(笑)


◯ 
【ここいこ】飢饉救ったサツマイモ 幕張から全国へ 青木昆陽甘藷試作地



関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。