スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏の宵にホタルを。。

夏至も過ぎて季節は夏の一歩手前の梅雨ですが、呟きサイトのtwitterでは
ホタルを見ました」というつぶやきをよく見かけました。

ホタルは夏の風物詩的なイメージが有りますが

調べてみたら5月~6月にも見られるのですね。

蛍狩りなどで見られるのは「源氏ぼたる」と「平家ぼたる」が殆ど

平家ボタルの方が見られる期間が長く、9月頃まで見られるとか。

このホタル、一般的に短命で儚いイメージが有りますが
調べてみると



ホタル
日本にすむゲンジボタル、ヘイケボタル、クメジマボタルの3種の幼虫は淡水中にすんでモノアラガイやカワニナなどの淡水生巻貝類を捕食するが、これはホタル全体で見るとむしろ少数派である。

また、スジグロボタルの幼虫は普段は陸上で生活するが、摂食時のみ林内の小さな湧き水や細流の水中に潜り、カワニナを捕食していることが知られている。

多くの種類の成虫は、口器が退化しているため、口器はかろうじて水分を摂取するぐらいしか機能を有していない。
このため、ほぼ1~2週間の間に、幼虫時代に蓄えた栄養素のみで繁殖活動を行うことになる。

海外の種の中には成虫となっても他の昆虫などを捕食する種類がいる。




との事。やはり成虫になってからは1~2週間の命。

『蛍二十日に蝉三日(旬の時期が短いことの喩え)』とはよく言ったもので。
かろうじて水分を摂取するくらいしか出来ないんですね。

幼虫の時に蓄えた命の灯をともして、あんなに幻想的に光るのね・・。

また娘とも色々勉強しながら、初夏の宵にホタルを楽しんで
自然の中に生きる、小さな命の存在を教えてあげたいと思います。

子供向けにも色々なサイトが有りました。

◯ 
ホタルとくしゅう:キッズ@nifty

◯ 
ホタルLOVE 蛍ほたるの生態や光る仕組み

◯ 
Yahoo! きっず - ホタル特集2009 ホタルを見にいこう!
(こちらは去年の特集ですが。。とても分りやすくまとまっています。)

また、大人向けにはこんな研究会やサイトが有るんですね。

◯ 
日本ホタルの会

◯ 
東京にそだつホタル

本当に色々と勉強になります。

電気の光などと違って緑色で幻想的な光

※ ホタルの発光物質はルシフェリンと呼ばれ、ルシフェラーゼという酵素と
  ATPがはたらくことで発光する。
  ホタルに限らず、生物の発光は電気による光源と比較すると効率が非常に高く
  熱をほとんど出さない。
  このため「冷光」とよばれる。

昨年、娘とホタルを見に行った時
ホタルの光を見て「手に取ったら冷たくないのかな!?」

と思わず考えてしまったほど、小さいけれどクールで鮮やかな緑の光。 

DVC00274_2


神秘的で本当に不思議な感じですよね。

ウチの近くでも毎年見られるのですが、今年はまだお目に掛かれなかったので
去年の写真を貼ってみます。

DVC00273_2 DVC00106_2

この写真の撮影日を見ると6月29日。
うちの近くで見られるのは平家ボタルのようですし、まだこれからなのかもしれませんね。

ちなみに。千葉県では7月上旬までホタルを見られる所が数カ所有る様で
市川市動植物園などでは7月下旬~8月上旬が見頃とか。。

まだまだホタルを楽しむ事は出来そうですね♪


◯ 
千葉の蛍鑑賞・ホタル狩りスポット情報2010

◯ 
【千葉県】市川市動植物園 大町自然観察園

千葉に限らず、関東各地や全国のスポットでもまだまだこれから楽しめそうな所が沢山!

◯ 
関東のほたる鑑賞スポット

◯ 
幻想的な光の夜を体験しよう!ほたる鑑賞スポット2010:るるぶ.com


せわしなく、季節感も忘れてしまいそうな日常からちょっと離れて
たまにはゆっくり泊まりがけで

この季節にしか見られないホタルの夕べを楽しめたら

きっと幸せな気持ちになるのでしょうね。 





関連記事

トラックバック一覧

写真点描・札幌花物語 1

 フラフラ賢夫人(笑)の姪の結婚式で札幌へ行ったとき、輝きをました緑と花々のデジカメ写真を、出し惜しみなく(笑)、一気に公開しますね。長編小説に例えられそうで、割愛して...

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。