スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピアノのメンテナンスを。。

先週の日曜日には娘のピアノ発表会が有り。

私がバイエル(ピアノの教本名)の下巻が終わった頃に発表会で弾いた曲を
今回は娘が弾く事になったんです。

「ママも弾いたんだから、◯◯ちゃん(自分の名前)も頑張る!」と。。

今の娘にはまだちょっと難しい曲でしたが、よく頑張ってくれました。

平日は私も仕事をしているため寝る前、1時間程度横について見てあげる位しか出来なかったのですが。
なかなか上手く弾けずに、泣きながら練習した娘

発表会当日は練習の時よりずっと上手く弾けて。
本当によく頑張ってくれました。

IMG_0419 IMG_0437


発表会は殆ど間違える事も無く、無事に終わったのですが。

今回、家で曲を練習している時に
『弾いた後に鍵盤が戻って来ない』というハプニングが数回有って(2カ所)

ウチのアップライトピアノも私が小さい頃に購入した物・・。
もうカレコレ30年近くになります。

年に2回くらい調律をして貰っていたのですが
そろそろ寿命なのかもしれないな・・ と思い。

今回はいつもより早目に調律師さんに来てもらいました。

当日、ピアノを開けてみて下さった調律師さん曰く

「戻って来なかった鍵盤は、隣同士の鍵盤(黒鍵と白鍵)だし。今は治っているようですね。鍵盤が押して元に戻らなかったのは、一過的に鍵盤の隙間にゴミが詰まってしまったなどで、老朽化が原因ではないですね。特に問題ないですよ。」

「湿気や他の箇所の劣化等が原因だったら、もっと違う場所に影響が出ていますから」との事。

IMG_0535 IMG_0533

実際にその場所を調律しながら教えて下さったのですが。
やはりプロが見ると老朽化ゆえの故障かどうか、直ぐ分るんですね・・。

調律師さん曰く

「ただ、もう購入されてから30年位経ちますし、そろそろピアノを一回クリーニングしても良いかも知れませんね。」

「もう古くなったから買い直すと言う前に、ピアノ再生工房等で一回全てをバラしてメンテナンスをする事で、また長く使う事が出来るんですよ。」

とのこと。

私はそんな工房が有る事すら知らずに
古くなって来たので、そろそろ買い直さなければならないかな?と思っていたんです。
それを伝えたら。

「ヴァイオリンや笛等は、いい音の出る物は200年位経っているもの等も有るし。定期的にキチンとメンテナンスをしてあげれば、新しい物より深くて良い音色を出せるんです。ピアノも新しい物は最初は鍵盤も硬くて、いい音が出ませんよね。使い込んで柔らかくなった鍵盤になって初めていい音も出て来るんですから。」

と、教えてくれました。

「ヴァイオリンなども、使い込んで塗りがハゲて来たからと。見た目を好くする為に塗装を塗り直すと、見た目は好くなってもそれと引き換えに、今まで磨きこんでいい響きが出る様になっていたのに、塗りが厚くなる為にその折角のいい音の響きを殺してしまうんです」

「まあ、持ち主が何を第一に考えるかで違いますけれどね・・。」

とも・・。

目から鱗のお話しでした。
本当にそうかも知れませんね・・。

使い込んだ楽器ほど深い音色が出せるし、奏者の手に馴染んでいい音が出せる。
色々と勉強になりました。

ペダルの磨き方についても

「光沢を出そうと、下から手でガッチリとペダルを押さえて力を入れて擦ったのでは、表面に細かい傷がついてしまって逆に光沢が出にくくなってしまう」のだそうで

手ではペダルを押さえずに、ペダルが沈まない位に磨くのだと教えてくれました。
本当に調律師さんが磨いたペダルはピカピカになりました。

IMG_0546

この磨き方は、他の調律師さん達の磨いたペダルを見て
『どうしたらあんな風に光沢が出せるのだろう??』と疑問に思い、色々にやってみて分った事だそうです。

「ピアノの音もそうだけれど、自分を取り巻く環境にどんな人達がいるのかはとても大切な事。本当に素晴らしい音(物)と言うのはどういうものなのかを知っているのと知らないのとでは、その後子供が成長した時に違いが出ますよね・・。良い物を知らないと、今、自分がどれくらいのレベルなのかも分りませんから・・。」

「やはり本物を知らないといざ質の高い物を求められた時に、それだけその子が後で苦労する事になります。」とも。

これはピアノだけの事にとどまりませんが。

「本当に良い音(物)に早い頃からずっと触れている子供と、そうでない子供とでは、同じ音を聞いた時にやはり歴然たる違いが出ますよね・・」

ともおっしゃってました。

この調律師さんは私が幼い頃からずっとメンテナンスをお願いしてる方なのですが
こんなに色々な話しを聞いたのは今回が初めて。

長い間、信念を持って仕事に打ち込んでこられた方のお話は
本当に為になりますね・・。
お話を聴いて目が覚める思いでした。

子を持つ親となった私ですが
こんなお話を伺う事が出来て、本当に好かったと思います。

どれだけ可能かは分りませんが、私もできる限り。
娘には、良い物を見せたり、聞かせたり、触れさせてあげたいものです。


ちょっと調べてみたメモとして。。
◯ ピアノのメンテナンス

◯ ヤマハピアノサービス

◯ KAWAI 

◯ 昭和楽器


この他にも色々な工房等が有るようです。

※ このような工房に出さない場合は、調律師さんにお願いして1~2日掛けて、ピアノを自宅でメンテナンスする事も可能だそうです。メンテナンスするには色々な方法が有るんですね。
関連記事

トラックバック一覧

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。