スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン2015(その2)


2011年6月、サントリーホール開館25周年を記念してスタートし
今年で5年目になった室内楽の庭チェンバーミュージック・ガーデン

6月20(土)にサントリーホールのブルーローズ(小ホール)で開催された
サントリーホールで室内楽の魅力を堪能するブロガーツアー
「チェンバーミュージック・ガーデン2015」
に参加したので

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン2015(その1

前の記事↑からの続きを。。

Am10:30〜ブルーローズ(小ホール)で行われた

ENJOY! ウィークエンド
  マルシェ ワンコイン・コンサート #2
♪室内楽アカデミーによる名曲コンサート


の内容を中心にご報告します。(^^

※コンサートのタイトルが表す大まかな意味合いは、前の記事の最後に記載。


注目の若手演奏家が集まるサントリーホール「室内楽アカデミー・フェロー(受講生)」の2年間の集大成となる「マルシェワンコイン・コンサート」。

演奏される曲目は、室内楽の名曲や定番曲からアカデミーの学生(フェロー)さん達が選んでいるのだそうです。

90分間 今回は全部で9楽曲演奏され 
曲の合間にフェローさんから作者や曲の生まれた背景、曲想に関する説明も有りました。

そんなに内容豊富なのにワンコインの500円!

今回の演奏は流れを持たせて選曲されているのだとか

演奏された曲目、特に印象に残ったお話を交えてご紹介します。


ちなみに。。
「Op.◯◯」(読み方:オーパス◯◯) などと記されているのは、「作品番号◯◯」という意味です。


作品番号
作品番号(さくひんばんごう、英: opus number)は、(クラシック音楽の)作曲家の作曲した楽曲に付される番号。おおむね、作曲の若い順に付けられる。作曲家が自ら付ける場合もあるが、クラシック音楽の場合は、18世紀以降、出版された1冊の楽譜を単位として与えられることが一般的である。そのため、作曲順というよりも出版順となることも多く、後人の混乱の元になることも多い。交響曲など大曲は1曲で1冊の楽譜となるため、ひとつの作品番号を与えられるが、ピアノ小品(たとえばショパンの練習曲)などは1冊に複数の曲が収録されるため、個々の曲は「作品25第1番 Op.25 No.1」などと表記される。同じ理由などにより、最初の作品が出版されるより前に作曲された作品には付番されないこともある。没後に出版された曲には「遺作 羅: opus postumus、英: opus posthumous」という表記が与えられることもある。

<引用: 作品番号 Wikipediaより>



以下
マルシェ ワンコイン・コンサート♯2で演奏された曲です。。

続きを読む »
スポンサーサイト

サントリーホール チェンバーミュージック・ガーデン2015(その1)

2011年6月にサントリーホール開館25周年を記念してスタートした室内楽の庭
チェンバーミュージック・ガーデン〜 

その室内楽の庭 チェンバーミュージック・ガーデンも、今年で5年目を迎えたとの事で

6月20(土)10:00〜 サントリーホールのブルーローズ(小ホール)で開催された

「チェンバーミュージック・ガーデン2015」ブロガーツアーに参加させて頂きました。

Untitled

音楽には割と小さい頃から触れる機会が多かったのですが

サントリーホールは初めて!!
それに、今回鑑賞するのは『室内楽』!

どんな内容なのかとても楽しみに行って来ました♪

当日、サントリーホール前の広場(アーク・カラヤン広場)に行くと

サントリーホールについて ーアーク・カラヤン広場ー

サントリーのスタッフの方がいらっしゃり

イベントのタイムスケジュール

Untitled

チェンバーミュージックガーデンのプログラム資料

Untitled

午前&午後のブルーローズ(小ホール)の入場チケット

Untitled

ワンドリンクチケットなどを頂きました。

Untitled

まずはホール内でのコンサートが始まる前に、集合場所のサントリーホールエントランス前の「アーク・カラヤン広場」で

サントリーホールの入り口上部に出てくる
パイプ・オルゴール」の演奏を皆で聴きました。

この演奏が聴けるのは開場時のam10:00正午の2回。

午前10時の開場と共に「パイプ・オルゴール」がその姿を現しました!

Untitled

全く何も無かった壁が開き、「パイプ・オルゴール」がその全貌を表しました!
このパイプオルゴールは、大ホールに有るパイプオルガン同じ材質のパイプを、37本使っているのだそうです。

その音色はこちらでちょっと聴けます!



オルゴールの両脇にはワイン畑の番人(左:老人、右:少年)がいて、オルゴールを回しているんだとか。

Untitled


素敵ですね。。(^^*

また、カラヤン広場のサントリーホール入り口の左側に有る金色の大きなモニュメント

Untitled

Untitled

こちらは「」といって、これもちゃんと隠れた意味が有るのだとか!

どんな意味が隠されているのか。

「パイプ・オルゴール」の演奏を聴いた後は、サントリーホール内に入り
スタッフの方からの詳しいお話を伺いました。
続きを読む »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。