スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サントリー本気野菜イベントに参加して来ました♪

家庭菜園での野菜の栽培って、殆どの方が何かしらの経験が有るかと思いますが。

今回はトマトの勉強をすべく、5月15日(火)に六本木農園で開催された

サントリー本気野菜「“食べてみたい、を育てよう!” トマトの世界」in六本木農園

イベントに参加させて頂きいて来ました♪(^^

IMG_6689


今回のタイムスケジュールは以下の通り。。↓

IMG_6690

ここで、なぜサントリーさんが野菜!?

と不思議に思われる方もいらっしゃるかと思いますが。

『ガーデニングの範囲を広げて、皆さんに野菜を育てて楽しんで欲しい。』
『育てたものを自分で食べる楽しさを知ってもらいたい』

そんな思いからこの事業に参入されたのだそうです。(・・)

サントリーはワインづくりなどで果樹栽培もされていますし、緑化事業(コミドリなどもその一つ)なども展開しているので、野菜の栽培には有る程度ノウハウをお持ちなんだそうで


今回「本気野菜(トマト)」を提供する基本理念としては

IMG_6729

栽培から収穫までを自分の手で行って、生育過程の「ワクワク感」を楽しみながら
収穫し、それを味わえる結果の「充足感」を楽しんで貰いたい。

その過程に有る自分だけの「特別な想い」に“本気”で応えたい。

そんな想いから「本気野菜」とうたっているのだそうで。

スーパーでは手に入らない、豊かで確かな品種をセレクトし
野菜の美味しさ、収穫の楽しさを実感できる野菜苗シリーズとして、今回のトマトを選ばれたのだそうです。

サントリー「本気野菜」こだわり3か条として

IMG_6730

1. 「味わい」にこだわる

  スーパーで手に入る「おいしさ」ではなく、家庭菜園ならではの、自分だけの
 「豊かな味わい」を持った品種。
  ピッタリのオリジナルレシピも満載して届ける。

2. 「楽しみ」にこだわる

  どこでもある品種ではなく、育てる楽しみをもっと豊かに。
  「収穫の充実感」「育てやすさ」にこだわる。

3. 「確かさ」にこだわる

  個性あふれる国内外の優良系統を選抜。
  日本の気候、お客様環境下で栽培試験を実施。
  家庭菜園用品種としての「確かさ」を提供する。

  との内容にこだわっているのとのこと。

今回は肉厚で、スーパーなどでは売っていない、リコピンが多いヨーロッパ系の調理用トマトを主に選び。
日本の風土下でも美味しく確かに育つ、日本で言う桃太郎のような品種選ばれたそうです。


ここからはセミナーで勉強した、トマトの説明と実際の栽培方法の説明をまとめます。


続きを読む »
スポンサーサイト

金環日食が少しだけ見られました♪

21日の今日は金環日食と言う事で、朝5時半頃から起き出した自分。

日食グラスも数ヶ月前に購入し、今日を楽しみにしていましたが

昨夜から曇りがちで、早朝には雨が降っていたうちの周辺・・。

IMG_6994

テレビで見てもすっぽりと雲に覆われているのが分ります・・。(^^;

IMG_6997

twitterのタイムラインなどやテレビでは続々と「見られた!」という呟きと
写真がアップされて来る中、半分はもう諦めていましたが。

日食の終わりは9時頃!

何とかそれまでに一目でも見られないかと、諦めずに外を時々眺めていたら。

なんと8時半前後には晴れ間が覗いて来てくれて。

IMG_7004

金環は無理でしたが
太陽が欠けている様子を見る事が出来ました!!(*^^*)

IMG_0260

段々丸い形に戻って行く様子が分かりました!

IMG_0265

ちょっと雲がかかってしまったのが残念!!

IMG_0266

9時にはほぼまん丸い形に戻っていました。

IMG_0274

※ Canon S100にて。。(日食グラスをレンズにあてて撮影)

なんでも

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
21日は金環日食!

日本で金環日食が観測されるのは1987年の沖縄以来。
東京では173年ぶり、大阪では282年ぶり、名古屋では932年ぶりとのこと。

今回のように日本の広い範囲で金環日食が見られるのは、平安時代末期の1080年以来だという。
次回2030年の金環日食が観測できるのは北海道のみだ。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

との事。

金環日食と皆既日食の違いも、ちょっと勉強できました♪

今回の金環日食の説明↓

IMG_6989


これは皆既日食の説明↓

IMG_6991

という事で、コロナやダイヤモンドリングが見えるのは皆既日食の時なんですね!!

勉強になりました。。(^^

また、今回は娘の小学校の子供達は全員朝7時に登校して
金環日食の勉強をした様です。


こちらはあいにくの天気でしたが、最後の方はきっと見られたかと思います♪


今回の天体ショー、子供達は一体どんな感想を持ったのか
娘が帰って来たら聞いてみようと思います。。(^^*


金環が見られた方がちが続々とblogをアップされていますので
そちらもリンクを貼らせて頂きます♪

金環を見る事ができた方。。

本当に羨ましいです!!! 金環は見られず残念!


◯ 金環日食速報です>美しいリングが撮れました! eclipse of the sun #saitama エアロプレインさんより 

◯ 金環日食!  ざつだん Tetsujiさんより。。

◯ 【金環日食】iPhoneで撮影してみたよ! ネタフル のコグレさん

自分の日食関係の過去の記事

◯ 昨年は皆既月食、今年は5月に金環日食が♪ 貝のつぶやき


Googleさんはやっぱり日食仕様のロゴになってましたw

そちらも記念にパチリw

スクリーンショット 2012-05-21 10.57.51




素敵なお2人に幸あれ!

2004年にMSNでblogをはじめてから、今までに色々な方と知り合い。
イベントなどで様々な方とご一緒させて頂き、お話をする機会をもつ事が出来ましたが

以前育毛のセミナーにお声かけ頂いた、麻子さんと言う方の結婚記念パーティーに先日参加させて頂いて来ました♪

場所は渋谷のクラブマルヤマ59と言うお店。

会場には顔見知りの方も何人かいらっしゃり。
とても和やかにパーティーは進んでゆきました。(^^*

新婦の麻子さん、輝かれてますね!!

IMG_6519

お2人の共同作業となるケーキ入刀も拝見する事が出来ました♪(^^*

IMG_6556

お2人に幸せを分けて頂いた感じ♬
笑顔がとても素敵です!

IMG_6551

壁にはお2人の様子を見られるようにこんな映写もされていて。。
写真で撮るとまた好い感じ!お洒落ですね~♪

IMG_6619


本当におめでとうございました!(^^*

会の最後には可愛いお土産も頂いて♪

IMG_6677


とても素敵なパーティーにご招待頂き、感謝です!



ちなみに。。


新婦の麻子さんは「おいしくたのしくダイエットごはん」というサイトもされていて。

お料理がとても上手!!

twitterなどでも、毎日素敵なお料理の数々を紹介なさっています!


素敵な奥さんを貰って旦那さんは本当に幸せですね♪(^^*



お2人の門出に立ち会わせて頂いて嬉しかったです!!

素敵なお2人に沢山の幸せが訪れますように。

本当におめでとうございました!!




「余市マイウイスキーづくり」体験イベント 2日目 ②

ニッカ余市蒸溜所での「マイウイスキーづくり」体験イベント2日目

下の記事(
2日目①)の続きを

セミナー、樽造り(
樽の内部焼き)を終えた後
次はいよいよ10年間保存する樽に 本溜液 未貯蔵原酒 を入れる作業です。

IMG_5927

この原酒を見ると、まだ水のように無職透明な液体!(・・
ウイスキー独特のあの琥珀色は樽詰めしてからの物なのですね!

IMG_5935

この原酒を試飲もさせて頂きましたが、度数もかなり高く、風味はまだそれほど無い感じ。

原酒を樽詰めする前に、樽の鏡面に参加者全員でサインをしました。
皆さんとってもサインが素敵!! 自分のセンスの無さを改めて実感して凹んだり。

IMG_5939

サインが出来たら、樽を未貯蔵原酒が入っているタンクの下に置いて

IMG_5949

樽の脇穴に大きな上戸をセットし、そこから樽に一気に入れて行きました!

IMG_5954

無色透明の液体が、まるで水のように樽の中に入って行きます・・。(・・)
この様子もなかなかに見応えがありました!

前のセミナーの記事にも書きましたが。
この樽は450ℓの樽ですが、普通は満タンには入れないのだそうです。

やはり少し余裕をもたせておかないとダメなんですね。

暫く待つと原酒も入れ終わり、樽の脇の穴は塞がれました。

原酒の充填が終わった樽と一緒に、一人一人記念撮影をした後

普通だったらフォークリフトなど!?で貯蔵庫まで運ぶところを
今回は自分達の手で貯蔵庫まで転がして行きました。

続きを読む »

「余市マイウイスキーづくり」体験イベント 2日目 ①

アサヒビール株式会社さん主催の「余市マイウイスキーづくり」体験イベントもいよいよ2日目。

この日も雲1つ無い青空で、とても好いお天気♪

同じホテルに宿泊していた参加者の方々一緒に、宿泊先の小樽から余市蒸溜所へ向かいました。

IMG_5652

1日目と違い朝9時前なので、蒸溜所内はまだ人影も殆ど有りません。
蒸溜所の職員さん気分を味わえて、ちょっと得した気になったり。(笑)

IMG_5664

1日目に着たつなぎの作業服や被ったヘルメットは、各自与えられた個人ロッカーへ入れて有るので
そこで再び着替え、セミナールームへ向かいました。

2日目の予定を伺ってから、またウイスキーについての勉強です!

IMG_5666

この日の勉強は主に樽造りなど、樽に関する事がメイン。
以前のレポートで見た樽を転がすシーンが頭に浮かびました。(笑)

IMG_5672

まずはウイスキー樽の素材について。

ホワイトオーク・ミズナラが樽にはとても適していて
それ以外の樽に適さない木は、変な匂いがついてしまったり色々な不都合が出てしまうのだとか。

そして驚いたのは、ウイスキーのゆりかごである樽は、現在も1つ1つ樽職人さんの手で全て組み立てられているのだと言うこと!!
いいウイスキーには好い樽が欠かせないのだそうで、育ててくれる樽の違いで人間の気性と同じような個性を示す事になるのだそうです。

なんだかロマンですね・・。(・・*

IMG_5676

樽の板と板の間には漏れ防止のためにガマの葉を挟み、接着剤などは一切使わず
木材を組み合わせて造るため、その難しさと重労働からなかなか造り手がいないのだそうです。

そんな厳しい樽職人の世界ですが
なんと2001年に、スコットランド樽職人組合から「世界の樽職人15人」のひとりにニッカの樽職人、長谷川清道さんが選ばれたと!!

「いい原酒といい樽といいブレンダーがいて、はじめていいウイスキーができる。」


これは長谷川さんがおっしゃった言葉だそうです。
言葉に重みと深さが有りますね・・。(・・)

樽の構造については
樽の上下の平らな面は、日本酒の鏡開きでも言われるように

鏡面と言うとのこと、勉強になりました!

なんでも樽は、分解するより組み立てる方が大変なんだそうです。

IMG_5680

樽は大きくなるほど熟成がゆっくりと進むのだそうで
文字通り、パンチョンは “太っちょ” と言う意味なのだそうです。(笑)

この日は実際に自分達は450ℓの樽を使ったのですが。
ウイスキーを入れると総重量は約300kg程になるのだとか!!(・・;
凄い重さですね・・。(^^;

IMG_5684

樽の内側はウイスキーを入れる前に、700℃を保って焼くのだそうで
焼いた炭が活性炭の役割をするとのこと。

そして焼く事で色づきも良くなり、生木の生臭い匂いも着かなくなるとか。
実際に使うのは、焼いた後、樽詰め前に水を入れて1晩くらい置いて
水が漏れないか確かめてからウイスキーを入れるのだそうです。
なるほどですね・・(・・ フムフム。。


IMG_5686


この様に、一通り樽についての勉強を終えた後は

いよいよ樽造り体験作業へ向かいました

続きを読む »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。