スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボジョレーヌーヴォー解禁日に美味しく素敵な時間を♪

11月17日はボジョレーヌーヴォーの解禁日。

昨年に引き続き、サントリーさんの「ボジョレーヌーヴォーを楽しむの会」に出席させて頂きました。

場所は新橋にある
◯ 
wine dining bar Address
  
http://r.gnavi.co.jp/address-s/
  港区新橋2-15-18 プラザT2ビル8F

頂いたヌーヴォーはこちらの4種類。

IMG_1039


右から
◯ ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヌーヴォー 2011

◯ ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ロゼ ヌーヴォー 2011

◯ ジョルジュ デュブッフ ボジョレー・ヴィラージュ ヌーヴォー BVN 2011

◯ ジョルジュ デュブッフ マコン・ヴィラージュ ヌーヴォー 2011


続きを読む »
スポンサーサイト

「登美の丘ワイナリー秋のぶどう収穫祭 技師長が語る “日本ワイン”の魅力」 その3

11月3日に登美の丘ワイナリーで行われた、サントリーのブロガーイベントの続きを。。

(その1)では、到着直後のランチ~ぶどう畑見学
(その2)では、醸造エリアに移動して、実際のワイン製造行程と3種類の樽出しワインの試飲

について書きましたが、ワイナリー見学もいよいよ終盤。

この(その3)では、ワインのテイスティングと懇親会についてご報告します。

貯蔵庫での見学&試飲を終えたのち
貯蔵庫の奥に有る部屋で、ワインのテイスティングが行われました。

IMG_0468

部屋全体が洞窟の様な感じで、なんとも味の有る不思議な空間!!(・・)

IMG_0466

それだけでもテンションはハイになってしまいましたが。

そこは落ちついて落ちついて。。f(^^*;

試飲したワインは以下の4種類。

1. 登美の丘ワイナリーシリーズ
   登美の丘(甲州)2009 / 750ml / ¥3,360 / Alc 12.0%

2. ジャパンプレミアムシリーズ
   高山村シャルドネ 2009 / 750ml / ¥3,171 / Alc 12.5%

3. ジャパンプレミアムシリーズ 
   塩尻メルロ 2008 / 750ml / ¥3,497 / Alc 13.0%

4. 登美の丘ワイナリーシリーズ
   登美(赤) 2007 / 720ml / ¥12,600 / Alc 12.5%

IMG_0471

ワイングラスの足下の番号と、上のリストしたワインの番号が一致しています。

IMG_0473 IMG_0474


赤と白、2種類ずつ試飲を行いました。

続きを読む »

「登美の丘ワイナリー秋のぶどう収穫祭 技師長が語る “日本ワイン”の魅力」 その2

下の記事(その1)の続きを。。

その1では主にワイナリー到着直後のランチの様子と
登美の丘自家ぶどう園見学の様子をレポートしましたが

ぶどう園見学後は再びバスに乗り「ワイン醸造所エリア」へ向かいました。

ぶどうからワインをつくる行程の見学&新酒ワインのテイスティングにうつります。

IMG_0438

※上の写真は、これから記事にするワインセラーで樽出しテイスティングしたワイン3種類
(この瓶は2009・2008年のもの)

これから記事にするワインも、製品化されるとこのようになるわけですね♪


見学前に、まずは控え室の様な場所で

これから提供される新酒のラインアップなどの資料が配られました。

樽出し新酒 ワインリスト。

◯ リースニング・フォルテ(小型タンクより提供:白ワイン)

◯ シャルドネ(小型タンクより提供:白ワイン)

◯ メルロ(樽より提供:赤ワイン)

資料によると2011年の
ヴィンテージ状況は、全体的に果粒が小さく凝縮されたブドウとなり、白は香り良く、赤は色の濃い豊かな味わいに仕上がった。
とのこと。

IMG_0299

こんな情報を頭に入れながら、
技師長の高谷さんの案内で製造工程の見学へ。

続きを読む »

「登美の丘ワイナリー 秋のぶどう収穫感謝祭 技師長が語る“日本ワイン”の魅力」その1

文化の日(11月3日)久しぶりにサントリーのブロガーイベント
「登美の丘ワイナリー 秋のぶどう収穫感謝祭 技師長が語る“日本ワイン”の魅力」に参加して来ました。

IMG_0404


今回のイベントは、「サントリー登美の丘ワイナリー 秋のぶどう収穫感謝祭」として、5日間限定で実施した「技師長が語る 特別ワイナリーツアー」と、11月3日から登美の丘ワイナリーでスタートする今年収穫されたばかりのぶどうからできた新酒3種を試飲できる「樽出し新酒 特別試飲」を組み合わせた、特別なプログラムです。
サントリートピックス

とのこと。

自分はワイナリーにはまだ行った事がなく。
初めての体験!

行く前からとても楽しみで、その期待に充分応えてくれる内容のイベントでした♪

サントリーはもともと、
赤玉ポートワインがスタートと言う事で。
このイベントに参加して、サントリーの原点を見た気がしました。


新宿から特急あずさで甲府駅までゆき、その後はシャトルバスで、一路ワイナリーへ。

車内ではイベントのタイムスケジュールや資料などが配られました。

IMG_0055

ワイナリーに着くと、そこは自分の想像と違い 山深い丘陵地。

ワイナリーも山の斜面に立てられて居るんですね!

ワイナリーの入口からお昼を頂く
「ワインガーデンエリア」まで移動に約10分


途中の坂道をなんと、バスなのにスイッチバックで登り。
妙に驚いたいり!

スイッチバックを経験したのは箱根登山鉄道以来でした。(笑)

IMG_0274

なんでも、以前トラクターで葡萄をワイナリーに運ぶ際。
まだエンジンのパワーが余り無い時代に、重い葡萄を運ぶのにスイッチバックで運んでいたのだそうで。
その名残で、今もなおこの方法で坂を登っているのだそうです。

そんなお話に関心しながら、キョロキョロしているうちに
お昼を頂く「ワインガーデンエリア」に到着。

直ぐにランチを頂く欧風レストラン
「ワインテラス」へ向かいました。

途中、無料試飲や有料テイスティング、ショッピングを楽しめるショップが並んでいるのですが
その前は甲府の街を見渡せる展望デッキのように広くなっており
お花も植えられていて本当におしゃれ♪

IMG_0072

IMG_0518

富士山も正面にうっすらと見えていました。

IMG_0081

更にそこから階段を上がり「ワインテラス」へ

IMG_0520

続きを読む »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。