スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸前汽船「もんじゃ屋形船」に乗って来ました♪

一週間位前に、屋形船に初めて乗って来ました。
もんじゃ焼きを焼きながら楽しむ「
もんじゃ屋形舟

屋形船はtwitterやblogで、他の方が楽しまれている様子を羨ましく眺めていたのですが
twitterで「屋形船一度乗ってみたいなぁ・・。」と呟いたら。
@wadayukiさんがこの呟きを拾ってくださって、皆さんに呼びかけて日程調整をして下さり。

今までの願いが実現しました。
お忙しい中、本当にどうも有り難うございました。
感謝です!
なかなか日程が皆さんと合わず、色々お手数をおかけしました。

当日は新木場で待ち合わせて、送迎バスにのって船乗り場まで向かいます。

IMG_1831 IMG_1830

搭乗手続きをして頂き、船乗り場へ
途中にはこんな風情の有る通りがあって、気分を盛り上げてくれました。

IMG_1832 IMG_1834

いよいよ屋形船に乗ります♪

IMG_1838 IMG_1837

船に乗るのは何年ぶりだろうw
履物を脱ぎ、ビニールに入れて席へ。

続きを読む »
スポンサーサイト

豚組はなれ「せいざん」対決。。楽しんできました♪

以前、ONEDARI BOYSの3周年記念の時に会場となった

豚組「やきや」さん。

いつもしゃぶ庵ばかりで「やきや」へは暫く行っていなかったのですが
その間に豚組「やきや」は、豚組はなれ「せいざん」へ変貌を遂げられていたのですね!
その情報をtwitterで教えて頂いて・・。

この生まれ変わった「せいざん」へ是非とも行ってみたくて。

その機会をずっと狙っていたのですが、一ヶ月程前に縁有って「せいざん」へ行こう!という話しの流れになり、先日行って来る事が出来ました。

IMG_2002 IMG_2005
IMG_2006 IMG_2004
話しの流れはこんな感じ。。
「せいざん対決」にすかさず@を下さった豚組代表の
hitoshiさん!
あんなに沢山の方をフォローされているのに流石です!!

やはり。。出来る経営者は違いますね!w 

こんな感じで話しはトントン進み。。 とうとう念願の「
せいざん」へ♪

IMG_1782 

見覚えのある落ちついた好い感じの外観。

外見はあまり変わっていない模様・・。中はどうなのでしょうか?お料理は!? 
楽しみにして中へ入ってみました♪

続きを読む »

子供の日焼けは大丈夫!?

娘の小学校でプールが始まり、皮膚が真っ黒に日焼けしている娘。

最近は黒さが気になりはじめているのですが
そんな矢先、子供会の行事でプールがあり子供達と一緒に行って来ました。

ウチの娘は他の子供達と比べても黒い方・・。

私は日焼けすると、皮膚が真っ赤になりやけどの様な状態で眠る事も出来なくなるのですが、娘は相方似で赤くなっても翌日には私と違い黒くなる体質の様で、日焼けで痛がった事は殆ど有りません。

皮膚の性質にもよるのかも知れませんが

今は母子手帳にあった、子供の日光浴推奨の表記は削除されているとの事。

やはり、皮膚へのダメージ(遺伝子の損傷による皮膚がん等)が気になります。


紫外線の影響は子供の方が大きい!

子供が紫外線対策だなんて、早いんじゃないの?と思う人もいるでしょう。しかし、子供こそ紫外線対策が必要なのです。紫外線というものは、照射されるとDNAに傷を負わせてしまいます。そのような遺伝子への影響は、大人も子供も変わりないことなのですが、子供の方が、細胞分裂が活発なため、傷がついてしまったDNAが変化し皮膚に何らかの影響をもたらしてしまうようです。このことは、マウスを使った実験でも証明されています。マウスに紫外線を照射し、皮膚がんになる確率をみる実験なのですが、年齢が若いとき、子供のうちから紫外線を照射した場合と、大人になってから照射した場合とでは、子供のころから紫外線を照射していたマウスの方が皮膚がんになる確率が高いという結果がでました。そのため、子供の紫外線対策はとても重要なものだと言えます。赤ちゃんなどをベビーカーに乗せていて、直射日光を浴びている光景をよく見かけますが、あれはよくありません。若ければ若いほど紫外線の影響を受けてしまいますから、生まれたばかりの赤ちゃんにとって日光は敵です。



・・やっぱりこんな表記を見ると気になります・・。

気になるので日焼け止めを塗ろうとしても、嫌がる娘。

日焼け止めの子供の皮膚への影響もちょっと気になるのですが・・。
遺伝子への影響を考えると、やはり日焼け止めはしたい所。

調べていたら、こんな、少しホッとできるような内容も有りましたが



子どもは日焼けしても大丈夫?~日焼け対策~

紫外線によるダメージは、年齢を重ねるにつれて大きくなってきます。では、皮膚がいつ頃から老化するかについて、まずお話ししましょう。
 皮膚に老化は皮脂量の変化によってみることができます。皮膚の表面は、少量の汗と皮膚内部から出た皮脂で「皮脂膜」をつくっており、肌を弱酸性にして細菌から皮膚を守ったり、肌に潤いを与え、わずかですが紫外線を反射させる役割を持っています。この皮脂量が減ってくると、皮脂組織に含まれる水分が蒸発してカサついたり、刺激に対する抵抗力が弱まって肌荒れが起きやすくなります。
 皮脂の分泌量は女性の場合、20代後半からしだいに下がり始め、35歳を境に衰えが目立ってくるようになります。皮脂が十分に分泌され、新陳代謝も活発な肌でしたら、紫外線によって肌がダメージを受けても、すぐに回復することは可能です。子どもたちが夏休みに海やプールで真っ黒に焼いても、秋には白い肌に戻るのは、こういった理由からです。ですから、紫外線によって極端に肌がダメージを受けるような場合を除けば、子どもは日焼けしても大丈夫です。
 また、紫外線は悪者扱いされていますが、皮膚表面の殺菌をおこなったり、皮膚内でビタミンDをつくる、カリウムやカルシウムの増加を促進するなど、体によい働きもしているのです。
 ただし必要以上に紫外線を浴びることは、肌へのダメージを大きくするので控えたほうがよいでしょう。


これを読んでも正直、ちょっと心配は残ります。


続きを読む »

webサライ主催の「Rinで扱う日本酒の利き酒試飲会」に行って来ました

先日は、webサライさん主催の「日本酒の試飲イベント」に参加して来ました。

実は日本酒はまだまともに飲んだ事が無い自分

今回はその意味でも、是非とも色々なお話を伺って
日本酒への一歩を踏み出すきっかけになればと思い、参加させて頂きました。

イベント内容は


Rinで扱う日本酒の利き酒の試飲会。今回は、江戸切子で有名な
「華梢」の方に江戸切子と組み合わせた日本酒の愉しみ方をご紹介します。また、女利き酒師として活躍する大西美香さんをお招きし、日本酒についてお話をしていただきます



との事。

個人的には、江戸切子の見分け方なども知りたいところ。
今回はどんなお話が聞けるのか、とても楽しみに申し込みをさせて頂きました。

しかし・・ 当日はあいにく、交通事情で30分程遅れての参加になってしまったので
利き酒を行なう前に行われた、2種類の酒器についての説明はサライのコラムをご覧下さい。

○ 
酒器の違いで日本酒を楽しむ利き酒会

私は日本酒の説明からの参加になってしまいましたが、テーブルには
今回試飲する日本酒の銘柄、精米歩合、ALC度、日本酒度、酸度が書かれたプリントが配られており。

IMG_1648

利き酒師で日本酒学講師の大西美香さんから、大吟醸、吟醸、本醸造などの違い(精米歩合など)、日本酒の消費量などの現状等のお話を伺った後、それぞれのお酒の試飲に移りました。

IMG_1668 IMG_1646

今回試飲したのはこちらの4種類の日本酒です。

IMG_1656 IMG_1654

切子のグラスもとても綺麗ですね。

続きを読む »

節約術セミナー&「RE:TANAKA」体験会に参加させて頂きました。

今回は、節約アドバイザーである和田さんのつぶやきを拝見して

田中金属工業(株)(日本での貴金属関連企業最大手)の貴金属リサイクルシステム。

「RE:TANAKA」[リ・タナカ]の体験イベントが有る事を知り、参加させて頂いて来ました。

IMG_1549 IMG_1548

イベントは
<第1部> 「ムリなくたのしむ節約術」(講師:和田由貴さん)
<第2部> 「RE:TANAKA」サービス概要説明(田中貴金属工業(株)林義治)
      「RE:TANAKA」シュミレーション

と言う流れで進み、第1部で節約アドバイザーの和田さんから節約のポイントや上手な節約の仕方を聞いて、身の回りの物(電気・水道・食費など)の無駄を無くす大切を伺って

IMG_1557 IMG_1567 

『節約の基本はシンプルライフが大切』
いらなくなった物や壊れてしまった物なども、ネットのオークションを利用すると好い事
ただし、ブランド品や貴金属などはオークションより専門店などできちんと査定をして貰い
買い取ってもらった方がお得であると言う事を勉強しました。

続きを読む »

「催涙雨」の今宵は 七夕。。

7月7日の今日は七夕でしたね。
毎年、娘と一緒に七夕飾りをするのですが。
今年は小学3年生になった娘、1人で折り紙を持って来て、色々な飾りを作り始めました。
家族皆にも短冊を配って書いてもらい、もうすっかりお姉さんです。

この七夕、小さい頃から娘に本を読んで聞かせたりしたのですが。
子供向けの絵本になっているお話の多くは、天の羽衣伝説と七夕のお話が混じっている物が多いようです。
数年前に娘に買って来たこちら↓の絵本もそうでした。

IMG_1390 IMG_1387

IMG_1388 IMG_1386

私も小さい頃から、七夕のお話は天の羽衣と混じった内容で覚えていたのですが
本来の伝説はこちら↓なんですね・・。



織女星と牽牛星の伝説(説話)

こと座の1等星ベガは、中国・日本の七夕伝説では織姫星(織女星)として知られている。
織姫は天帝の娘で、機織の上手な働き者の娘であった。夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルである。
夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなった。
このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離したが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるし、天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができた。
しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができない。
星の逢引であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名がある。また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれる。
催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれている。




私が小さい頃から覚えていたのは、上記のストーリーが元になってできた色々なバリエーション一つ。上の写真の絵本も、天の羽衣が絡んだこちらのお話。↓



古典文学として上記のようなストーリーとなった七夕説話であるが、長い歴史の中で中国各地の民話として様々なバリエーションを生じるに至った。それらは地方劇で上演され、戯曲の題材となった。
その中で有名なものに京劇などで演じられる『天河配』がある。
その内容は牛飼いの牛郎(牽牛)が水浴びをしていた天女の一人である織女の衣を盗んで夫婦となるが、やがて織女は天界に帰り、牛郎は織女を追って天界に昇るものの、織女の母である西王母によって天の川の東西に引き裂かれるというものであり、羽衣伝説のようなストーリーすなわち白鳥処女説話となっている。



子を持つ母となって、改めて知った七夕本来のお話。
娘にも色々なストーリーが有るんだと言う事を、また少しずつ教えてあげよう。

七夕の今宵は雨。。織り姫と彦星が流す涙の「催涙雨」
娘と飾った七夕飾、今宵は涼しい風に揺れています。

IMG_1522

また、日本各地の七夕祭りは7月7日にするところと
月遅れで(8月7日)七夕祭りをするところが有るのですね。

都内でも、8月に七夕まつりをするところが数カ所有りました。

◯ 
東京の七夕祭り

あの有名な仙台の七夕祭りは8月との事。
◯ 
仙台七夕祭り

千葉にも茂原の七夕祭りが有るけれど、まだ一度も行った事が無いんです。折角近くなのだから、一度は行ってみたいものです。
◯ 
全国各地の七夕

最後に、七夕伝説のリンクを2つ程貼っておきます。ご参考までに。

◯ 七夕伝説

◯ 
七夕伝説

コミドリその後。。

12月に参加したイベント(モダフルナイト)でサントリーさんから

女性ブロガー限定で、コミドリとういう観葉植物を頂いて

それをお風呂の窓際に置いて楽しんでいたのですが

相方が私にミニバラの鉢植えを買って来てくれたのが嬉しくて。
より元気になる様に、家庭園芸用の活力栄養剤(液体)を買って来て
薔薇にあげるついでにと、コミドリにもあげてみたんです・・。

IMG_0832 IMG_0833


この栄養剤をあげるまではとても元気だったコミドリ&ミニバラ。

IMG_1032 IMG_1290

それが、栄養剤をあげて2~3日後くらいには

コミドリのなかで、白い鉢に入った<パール>
小ぶりながら肉厚の葉っぱが四方にグングン伸びる「ピレア」の枝が一気に枯れ始めて
見るも無惨な姿に...(涙)

IMG_0830 IMG_0831

IMG_0828


お花が好きで鉢植えを沢山育てている母に聞いたところ。
「肥料やけをおこしたんでしょう・・。そんなに根元にダイレクトにあげちゃ枯れちゃうよ」
とのこと・・。

続きを読む »

サントリー武蔵野ビール工場「トワイライト・ツアー」に参加♪(その4)

引き続き、下の記事の続きを。

イベントの最後はいよいよザ・プレミアム・モルツの試飲となります。

試飲会場に着くとテーブルには、 ザ・プレミアム・モルツの味わいのポイントとおつまみの一覧が印刷されたプリント。
そして、おつまみが入ったバスケットが置いてありました。

IMG_0918 IMG_0917 

説明では、今回の試飲は3杯までとの事で

1杯目はサーバーから注いで頂いた ザ・プレミアム・モルツ
2杯目はサーバーから注いで頂いた ザ・プレミアム・モルツ<黒>
3杯目は缶ビールから自分でグラスに注いだ ザ・プレミアム・モルツ 

を、それぞれに合ったおつまみと合わせて頂く訳です。

まずは一杯目のザ・プレミアム・モルツをサーバーから注いで頂きます。

IMG_0911 IMG_0912

ビールジョッキにきめ細かな泡とビールが、本当に美味しそうです♪

ここで、ザ・プレミアム・モルツの味わい方や、おつまみとの相性のお話や説明を伺った後は
ビール男さんの「スコール!」に合わせて乾杯をしました。

IMG_0916 IMG_0913

醸造技師の小林さんも各テーブルを回って色々なお話をして下さって。
官能検査の話しをして下さったり、ちょっとした小話を聞く事が出来ました。
いつも思う事なのですが、個人的にはこのザ・プレミアム・モルツはドライフルーツ(パイン)との組み合わせがフルーティーで一番好きですね♪

IMG_0938 IMG_0928
IMG_0920 

2杯目の試飲は私も好きな黒ビール。
この黒ビールの香ばしさはチョコレートなどと、とても合うんです。

IMG_0930 IMG_0934

ビーフパイはどちらにもあう印象を受けました。


で。。黒ビールの次はいよいよ“サントリー流 おいしいビールの注ぎ方”です。

続きを読む »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。