スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤ちゃんのハイハイ。。

先日、もう直きハイハイをしそうなお子さんを目の前にして

以前、娘の時に小児神経学の大家である瀬川先生から色々と教えて頂いた。
ハイハイに関するお話を思い出したので。

ちょっとまとめてみました

この瀬川先生と言う方は、小児神経学分野では有名な方で

その研究から
瀬川先生の名前が病名となっている病気もある位の、世界的に有名な医師。
お茶の水にある、瀬川小児神経学クリニックの院長をなさっている方です。

8ヶ月頃の赤ちゃん。。
四つん這いで前後に体を揺らす動きが始まると、じきにハイハイを始めるんですが


◯ 月齢・種類別赤ちゃん発達状況(誕生~24ヶ月)

このハイハイは幼児の発達上とても好いのだそうで。

みなさんも、もうご存知の事だとは思いますが。
歩行器はなるべく使わず、ハイハイを充分させてあげた方が好いのだと言われています。

続きを読む »
スポンサーサイト

初夢。。

新年になって、初めて見る夢がちょっとした楽しみなのですが

初夢って2日の朝起きた時に覚えてないと、それ以降の夢は初夢とは言わないのかと思っていたら。
2日の夜寝てから見る夢も初夢と言っていいんですね♪




初夢(はつゆめ)とは、新年のある夜に見る夢。この夢の内容で、1年の吉凶を占う風習がある。

字義どおりに新年最初に見る夢とされることは少なく、現代では、元日(1月1日)から2日の夜、または、2日から3日の夜に見る夢とされることが多い。


「元日から2日」は、大晦日から元日にかけての夜は眠らない風習ができたことが理由とされる。「2日から3日」の由来ははっきりしないが、書初めや初商いなど多くの新年の行事が2日に行われるようになったのに影響されたためとも言われる。

江戸時代後期には「2日から3日」が主流となったが、明治の改暦後は、「元日から2日」とする人が多くなった。


室町時代ごろから、良い夢を見るには、七福神の乗った宝船の絵に「ながきよのとをのねぶりのみなめざめなみのりぶねのおとのよきかな(長き夜の遠の眠りの皆目覚め波乗り船の音の良きかな)」という回文の歌を書いたものを枕の下に入れて眠ると良いとされている。これでも悪い夢を見た時は、翌朝、宝船の絵を川に流して縁起直しをする。

もうひとつは悪い夢を食べてくれるという獏(ばく)の絵、あるいは「獏」という字を書いた紙を枕の下に敷いて寝るというもの。

初夢に見ると縁起が良いものを表すことわざに「一富士(いちふじ)、二鷹(にたか)、三茄子(さんなすび)」というものがある。

かつては「四扇、五多波古(たばこ)、六座頭」まであった。


どうして初夢にこだわるの?
それにしても、どうして初夢にこだわるのでしょう?それは、その夢の内容で1年を占ったからです。昔は現代のような夢解釈理論はありませんが、「夢合わせ」という夢分析で吉凶を判断し、それが行動に影響したのです。江戸時代には夢を買い換える商売まであったといいます。




ふむふむ・・


実は・・ 何となく今朝起きた時に朧げに覚えていたのは

「以前の上司と楽しく話している自分」と言う夢。

どんな意味が有るのかちょっと夢占いをしてみました。

結果は、・・・なるほどと納得でした。(笑)

◯ 
初夢に出ると縁起のよいもの

◯ 
夢ココロ占い ~初夢特集~

◯ 
夢事典


新しい一年の始まりに

夢で自分の深層心理?!を覗いてみるのもまた楽しいですね♪



<引用サイト>
◯ 
初夢 Wikipedia

◯ 
初夢 暮しのミニ知識

◯ 
初夢のいろは~初夢で幸せになる方法 All About

◯ 初夢 はてなキーワード


続きを読む »

ボジョレーヌーヴォー解禁前にちょっと勉強を

コンビニに行ってもスーパーに行っても
「ボジョレーヌーヴォーが18日に解禁」のお知らせが目につきます。

知らない人は居ない程の、この「ボジョレー ヌーヴォー」という名前ですが。

実は私、名前は知っているのですが。
どういうワインなのか??詳しい事は知りませんでした。(汗)

解禁日の18日に、このボジョレーを飲むチャンスを頂けたので。
この機会に勉強をしてみようかと、ちょっと調べてみました。


<ボジョレー>


毎年11月第3木曜日に解禁される、その年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的とした特産品の新酒をボージョレ・ヌヴォー(Beaujolais nouveau)という。

以下は
サントリーさんのサイトに有った説明です。

色々わかりやすいので、ちょっとご紹介をしてみます。

続きを読む »

おっぱいの話し ~母乳、特に初乳は大事~

呟きサイトのtwitterでは、最近フォロワーの方達の出産ブームで

母乳の話を良く目にする事が多く。

乳腺炎などで苦労されている方も見受けられますが。

母乳って・・ 
生まれたばかりで、まだ免疫力の弱い新生児にとっては
とても大切な役割を果たして居るんですよね。

血液から出来てるのに、母乳が白く見えるのは
ママの血液から赤ちゃんに必要な物が集められ、そこで新たに大切な成分が成合成され

最終的にカゼインミセルになるために、白いおっぱいとして見えるのだとか。

特に
「初乳:分娩後4~5日目の母乳」は免疫も多く
新生児の脳細胞の発達に役立つ物質も多く含まれて居ると言われ

様々な研究機関でその成分の効果の研究もされている位

産まれたばかりの赤ちゃんにとっては
この上ないとても大事なお乳なんです


これから赤ちゃんにおっぱいをあげるというママさんや
これから出産予定の方達には是非とも!

痛くても、なかなか出なくても、諦めずに根気よく

いつか出てくれる事を信じてマッサージを続けて欲しいと切に思います。

小さな力無い命を少しでも色々な物から守るため

どうか頑張って下さいね!

○ 
母乳育児のすすめ

○ 
初乳 

○ 
母乳の成分-初乳とは-
続きを読む »

ホトトギスは恋の鳥、そして黄泉の国のつかい鳥。。

先日、いつも楽しんでいるtwitterで

ホトトギスの話題が出ていて
なんでもホトトギスは「夏の夜に黄泉の国に渡る鳥だと信じられていた」と。。

私も以前、どこかでそんな話しを読んだ事が有るような無いような。
どこでだったか・・??
 
ちょっと気になったので調べてみたのですが、どこからの出典だったか結局わからず・・。
でも、色々なサイトでホトトギスの事が出ていて勉強になりました。


『ウィキペディア(Wikipedia)』
では説明と一緒に
ホトトギスの鳴き声も聞ける様になっていました。

普段この辺りではよく聞く鳴き声、この声がホトトギスだったんですねぇ。

でも、その姿を私はまだ見た事がないんです。
なので、ちょっとネットの海から持って来ました。

ホトトギス2 ホトトギス0903-4G

胸の白い羽がとても涼しげな感じなんですね。

ホトトギスは昔から多くの歌や句に登場して
激しい鳴き声と紅い舌から「鳴いて血を吐く」などと詠われるそうですが

「そんな連想から、黄泉へ魂を運ぶ鳥ともいわれた」

と、参考にさせて頂いたサイトでは紹介していました。

続きを読む »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。